【ビルボード】ウカスカジー『金色BITTER』が8,279DLでダウンロードAL首位 全米で最も売れたテイラー『ラヴァー』は2位に 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】ウカスカジー『金色BITTER』が8,279DLでダウンロードAL首位 全米で最も売れたテイラー『ラヴァー』は2位に

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】ウカスカジー『金色BITTER』が8,279DLでダウンロードAL首位 全米で最も売れたテイラー『ラヴァー』は2位に

【ビルボード】ウカスカジー『金色BITTER』が8,279DLでダウンロードAL首位 全米で最も売れたテイラー『ラヴァー』は2位に


 桜井和寿(Mr.Children)&GAKU-MCのユニット、ウカスカジー『金色BITTER』が、9月2日付(集計期間:8月19日~8月25日)のBillboard JAPANダウンロード・アルバム・チャート“Download Albums”で初登場首位を獲得した。

 本作は、菅田将暉と小松菜奈が出演するniko and...の新TVCM ソング「言葉」など、全7曲入りの配信限定ミニアルバム。初週で8,279ダウンロード(DL)となり、5週連続で首位を獲得していたRADWIMPS『天気の子』の連覇を止める結果となった。なお、本作のリリースにあわせて、既発の『AMIGO』、『Tシャツと私たち』もストリーミングで解禁されている。

 続く2位は3,980DLとなったテイラー・スウィフト『ラヴァー』。アメリカでは発売からわずか2日で、既に全米で今年最も売れたアルバムと報じられており、9月7日付のBillboard200首位デビューが確実視されている。

 そして須田景凪の2ndEP『porte』が1,282DLで4位に。milet『us』は1,212DLと僅差で5位を獲得した。その他、back numberの『アンコール』が17位から13位、『MAGIC』が20位から18位に浮上。back numberは、全18か所の全国ツアー【NO MAGIC TOUR 2019】を開催しており、今週末(8月31日&9月1日)にはマリンメッセ福岡、9月20日、21日には沖縄コンベンションセンターでファイナルを迎える。



◎【Download Albums】トップ10
1位『金色BITTER』ウカスカジー (8,279ダウンロード)
2位『ラヴァー』テイラー・スウィフト (3,980ダウンロード)
3位『天気の子』RADWIMPS (2,257ダウンロード)
4位『porte』須田景凪 (1,282ダウンロード)
5位『us』milet (1,212ダウンロード)
6位『A COMPLETE~ALL SINGLES~』浜崎あゆみ (806ダウンロード)
7位『BOOTLEG』米津玄師 (752ダウンロード)
8位『aurora arc』BUMP OF CHICKEN (673ダウンロード)
9位『Fishing』chelmico (616ダウンロード)
10位『834.194』サカナクション (594ダウンロード)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい