『8月22日はなんの日?』レーナード・スキナード黄金期のギタリスト、エド・キングの命日 没後1年 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『8月22日はなんの日?』レーナード・スキナード黄金期のギタリスト、エド・キングの命日 没後1年

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『8月22日はなんの日?』レーナード・スキナード黄金期のギタリスト、エド・キングの命日 没後1年

『8月22日はなんの日?』レーナード・スキナード黄金期のギタリスト、エド・キングの命日 没後1年


 8月22日は元レーナード・スキナードのギタリストとして知られる、エド・キングの命日。

 エド・キングは1949年9月14日、米カリフォルニア州生まれ。1972年にギタリストとしてレーナード・スキナードに加入し、デビュー作『レーナード・スキナード』(1973年)、『セカンド・ヘルピング』(1974年)、『ナッシン・ファンシー』(1975年)の3作品に参加。その後エドはバンドを脱退しているが、1987年にバンド復帰。96年に再び脱退しているが、2006年にレーナード・スキナードの一員としてロックの殿堂入りを果たしている。

 レーナード・スキナードの代表曲「スウィート・ホーム・アラバマ」(1974年、全米ビルボード8位)の共作者としても知られるエドだが、実は同曲発表の7年前に当時加入していたバンド、ストロベリー・アラーム・クロックとしてリリースしたシングル「インセンス・アンド・ペパーミンツ」で全米ビルボードNo.1を獲得している。

 エド・キングは今から1年前、2018年8月22日に米・ナッシュヴィルの自宅で死去。68歳だった。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい