映画『イエスタデイ』本予告&ポスター解禁 本人役のエド・シーランも登場 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

映画『イエスタデイ』本予告&ポスター解禁 本人役のエド・シーランも登場

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
映画『イエスタデイ』本予告&ポスター解禁 本人役のエド・シーランも登場

映画『イエスタデイ』本予告&ポスター解禁 本人役のエド・シーランも登場


 エド・シーランの出演で話題の、ダニー・ボイル監督と脚本家リチャード・カーティスの最新作『イエスタデイ』の本予告映像および本ポスタービジュアルが公開された。

 本作は、「もしも自分以外にザ・ビートルズを知らない世界になってしまっていたとしたら!?」というユニークな設定で、音楽、夢、友情がザ・ビートルズの名曲とともに描かれるドラマ。この度解禁された予告編映像は、突然世界中が停電になったあと、売れないミュージシャン、ジャック(ヒメーシュ・パテル)が交通事故を起こす場面から始まる。友達や家族、幼なじみで親友のエリー(リリー・ジェームズ)の前でザ・ビートルズの「イエスタデイ」「レット・イット・ビー」を披露するも、涙目で感動しながらも「誰の曲?」と、誰もザ・ビートルズを知らない世界であることに困惑するジャック。彼のオリジナルソングとして発表されたザ・ビートルズの楽曲は、世間から徐々に注目を浴びるようになり、ついにアメリカの有名音楽プロデューサー(ケイト・マッキノン)の目に留まる。そんな中、世界から注目されるミュージシャンとなったジャックだが、当たり前のようにずっとそばにいたエリーから「住む世界が違う」と告げられ、2人の関係にずれが生じ始める。全編に綴られるザ・ビートルズの名曲群の数々に合わせて、どんどんザ・ビートルズのような大きな存在になっていくジャック。果たしてジャックが巨大なライブ会場で出した答えとは。映像には、本人役で出演するエド・シーランと、彼のライブに同行するジャックの友人からディスられるコミカルな掛け合いも映し出されている。

 また、あわせて公開されたポスタービジュアルは、日本のみに特別許可が下りた日本限定デザイン。誰もが一度は見たことがある、あの道を歩くジャックとエリーの姿が描かれている。映画『イエスタデイ』は、10月11日全国ロードショー。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい