『5月1日はなんの日?』映画『ゴーストバスターズ』主題歌でおなじみのギタリスト、レイ・パーカーJr.の誕生日 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『5月1日はなんの日?』映画『ゴーストバスターズ』主題歌でおなじみのギタリスト、レイ・パーカーJr.の誕生日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『5月1日はなんの日?』映画『ゴーストバスターズ』主題歌でおなじみのギタリスト、レイ・パーカーJr.の誕生日

『5月1日はなんの日?』映画『ゴーストバスターズ』主題歌でおなじみのギタリスト、レイ・パーカーJr.の誕生日


 5月1日はアメリカのR&B/ソウル界を中心に活躍を続けるギタリスト、レイ・パーカーJr.の65歳の誕生日。

 レイ・パーカーJr.は1954年5月1日、アメリカ・ミシガン州デトロイト生まれ。1970年代半ばから、プロのギタリストとしてのキャリアをスタートさせ、アレサ・フランクリンやハービー・ハンコック、そしてバリー・ホワイトらのバンドに参加。そして1977年には自身のバンド、レイディオを結成し、「スティル・イン・ザ・グルーヴ」「イッツ・タイム・トゥ・パーティー・ナウ」など、珠玉のディスコ/ブギー・ナンバーを放ち、1981年には「ウーマン・ニーズ・ラヴ」が全米ビルボード4位(R&Bチャート1位)を記録、そして全米ビルボードNo.1を記録した映画『ゴーストバスターズ』(1984年)主題歌はソウル・ファンのみならず誰もが知る彼の代表曲のひとつとなっている。また、ソングライターとしてもその才能を発揮し、シェリル・リン、ニュー・エディションらにポップかつ良質なソウル・ミュージックを提供してきた。

 日本でも常に高い人気を誇るギタリストの一人であり、コンスタントに来日も実現。今年1月にはレイ・パーカーJr.&レイディオとして代表作『A Woman Needs Love』の全曲再現ライブを行っている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい