【ビルボード】back number『MAGIC』総合アルバム完全制覇で首位 星野源は『POP VIRUS』が6位浮上&『YELLOW DANCER』は116週ぶりトップ10 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】back number『MAGIC』総合アルバム完全制覇で首位 星野源は『POP VIRUS』が6位浮上&『YELLOW DANCER』は116週ぶりトップ10

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】back number『MAGIC』総合アルバム完全制覇で首位 星野源は『POP VIRUS』が6位浮上&『YELLOW DANCER』は116週ぶりトップ10

【ビルボード】back number『MAGIC』総合アルバム完全制覇で首位 星野源は『POP VIRUS』が6位浮上&『YELLOW DANCER』は116週ぶりトップ10


 2019年4月8日付(集計期間:2019年3月25日~2019年3月31日)の総合アルバム・チャート“HOT ALBUMS”では、back numberの3年3か月ぶり、通算6作目のオリジナル・アルバム『MAGIC』が総合アルバム首位を獲得した。

 3月27日にリリースされた『MAGIC』は、初週170,956枚を売り上げてCDセールス1位、15,919DLを売り上げてダウンロード1位、そしてルックアップでもあいみょん『瞬間的シックスセンス』の4連覇を阻止する形で1位となり、これら3指標からなる“HOT ALBUMS”を完全制覇。back numberが当チャート総合首位を獲得するのは、5thオリジナル・アルバム『シャンデリア』、ベスト・アルバム『アンコール』に続いて3作目で、これまでに前者は3週、後者は4週で総合首位を獲得しているが、当チャート構成指標のすべてでトップに立ったのは今回が初めてとなる。なお『アンコール』は、当週CDセールス32位、ダウンロード11位、ルックアップ12位で、総合順位は24位から15位へと上昇、通算118週目のチャートインを果たした。

 総合2位は、Suchmosの約2年ぶり、通算3作目のフルアルバム『THE ANYMAL』が獲得。初週19,671枚を売り上げてCDセールス3位、1,641DLを売り上げてダウンロード2位、ルックアップは21位をそれぞれマークしている。そのSuchmos『THE ANYMAL』を約3,600枚の僅差で上回ってCDセールス2位となったFTISLANDの日本9枚目となるアルバム『EVERLASTING』は、ダウンロード23位、ルックアップ40位と他指標が伸び悩み、総合では3位に落ち着いた。

 続いて、総合4位にはユニコーンの最新アルバム『UC100V』、総合5位にはFlowerの通算3枚目となるアルバム『F』がどちらも初登場。4位となったCDセールスと24位となったルックアップの2指標でFlower『F』を上回り、ダウンロードは16位をマークしたユニコーン『UC100V』に対し、Flower『F』はCDセールス4位、ダウンロード6位と両セールスが好調な伸びを見せ、結果的に総合ポイントは僅差の接戦となった。

 3月10日に5大ドーム・ツアーの最終公演を開催した星野源だが、同ツアーのタイトルにも掲げられた最新アルバム『POP VIRUS』は、当週15週目のチャートインを果たし、総合順位は15位から6位へとランクアップ。ツアーが終了したことでアルバム『POP VIRUS』に伴った一連のプロモーション活動も落ち着きを見せたかと思いきや、3月18日には『第11回CDショップ大賞2019』の大賞を『POP VIRUS』が受賞、3月25日にはNHK総合で特集番組『星野 源スペシャル~ POP VIRUS ライブ&インタビュー~』が放送され、その注目度はいまだ落ちる様子を見せない。そういった中で3月27日に『POP VIRUS』と前作『YELLOW DANCER』のアナログ盤がリリース、その売上が大半を占める形でCDセールス7位となった『POP VIRUS』は総合順位を大きく再浮上させた。しかし注目すべきはCDセールスだけでなく、ダウンロードでも順位を上げていることで、複合的なプロモーションによる相乗効果が実を結んだ結果がチャート・アクションからも見て取れる。ちなみに『YELLOW DANCER』は当週10位に入っており、3週ぶりのチャートイン、実に116週ぶりにトップ10返り咲きを果たした。


◎【HOT ALBUMS】トップ20
1位『MAGIC』back number
2位『THE ANYMAL』Suchmos
3位『EVERLASTING』FTISLAND
4位『UC100V』ユニコーン
5位『F』Flower
6位『POP VIRUS』星野源
7位『#TWICE2』TWICE
8位『瞬間的シックスセンス』あいみょん
9位『Eye of the Storm』ONE OK ROCK
10位『YELLOW DANCER』星野源
11位『Dreaming!』ときのそら
12位『Chime』sumika
13位『BOOTLEG』米津玄師
14位『LIP』SEKAI NO OWARI
15位『アンコール』back number
16位『BLACK NEVERLAND』松下優也
17位『ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)』クイーン
18位『EYE』SEKAI NO OWARI
19位『ONE PIECE 20th Anniversary BEST ALBUM』(オムニバス)
20位『東京喰種トーキョーグール AUTHENTIC SOUND CHRONICLE Compiled by Sui Ishida』(オムニバス)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい