『3月30日はなんの日?』エリック・クラプトンの誕生日、“平成最後の来日公演”迫る 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『3月30日はなんの日?』エリック・クラプトンの誕生日、“平成最後の来日公演”迫る

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『3月30日はなんの日?』エリック・クラプトンの誕生日、“平成最後の来日公演”迫る

『3月30日はなんの日?』エリック・クラプトンの誕生日、“平成最後の来日公演”迫る


 3月30日はエリック・クラプトンの74歳の誕生日。

 エリック・クラプトンは1945年3月30日、イギリス・サリー州リプリー生まれ。1960年代から現在まで、ロック界が誇るギタリストとして活躍を続けてきたクラプトン。精力的にコンサート活動を続けながらコンスタントに新作を発表することでも知られており、昨年10月にはクリスマス・アルバム『ハッピー・クリスマス』をリリース。これまでに『461 オーシャン・ブールヴァード』(1974年)、『フロム・ザ・クレイドル』(1994年)、『アンプラグド~アコースティック・クラプトン』(1992年)の3作品が全米ビルボードNo.1を獲得。シングルにおいては、1974年に発表したボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズのカバー「アイ・ショット・ザ・シェリフ」がクラプトンにとって唯一の全米ビルボードNo.1ソングとなるが、90年代には「ティアーズ・イン・ヘヴン」(1992年/2位)、「チェンジ・ザ・ワールド」(1996年/5位)と2曲のアコースティック・ナンバーがチャート上位に食い込むヒットを記録している。

 体力的な問題から大規模なツアーからの引退を表明しているクラプトンだが、現在もコンサート活動を続けており、4月には約3年ぶりとなる東京・日本武道館での来日公演、5月~6月には欧州ツアーも控えている。また、クラプトン主催によるギタリストの祭典【クロスロード・ギター・フェスティヴァル】が、9月20日、21日に米テキサス州ダラスのアメリカン・エアラインズ・センターで開催されることも新たに発表されたばかり。今回もジェフ・ベック、ジョー・ウォルシュ、バディ・ガイ、デレク・トラックス、ゲイリー・クラーク・Jr、ジェイムス・ベイら錚々たるアーティストの出演が予定されている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい