Flowerの鷲尾伶菜、初めて作詞作曲した「F」に込めた思いをインスタで告白 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

Flowerの鷲尾伶菜、初めて作詞作曲した「F」に込めた思いをインスタで告白

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
Flowerの鷲尾伶菜、初めて作詞作曲した「F」に込めた思いをインスタで告白

Flowerの鷲尾伶菜、初めて作詞作曲した「F」に込めた思いをインスタで告白

Flowerの鷲尾伶菜が、初めて作詞作曲を手掛けた楽曲「F」の配信が開始され、同曲に込めた思いをリリックビデオと共に自身のインスタグラムに掲載した。

 E-girls、Flowerの活動を通じても作詞作曲を手掛けるのはこれが初。数多くのアーティストに楽曲提供しているコンポーザー、岡嶋かな多との共作となる「F」は、3月27日リリースのFlowerの4年ぶりとなるオリジナルアルバムのタイトルトラックとして制作された。

 インスタによると「作り始めたときはタイトルも何も決めてなくて、ただ書いていくうちに恋愛ではなく仲間や夢、そして別れ、出会い、そのようなテーマになっていきました。」と説明。また、「Flowerでの経験や思い出が多すぎて、書きたいことが多すぎて、とても迷いましたが、シンプルにいこうと決めてシンプルな言葉だけどいろんな意味を込めました。きっとFlowerのメンバーには、その真意はバレているんじゃないかな。」と心の内を明かしている。全文は下記の通りだ。


◎鷲尾伶菜 Instagramでのコメント

この、Fは
岡嶋かな多さんと共作で
私にとって初めて作詞作曲に挑戦した楽曲。
ギターで考えていたコードに
メロディーをつけていく作業から始めて、
メロディーが出来てから歌詞を書き始めたのですが、

作り始めたときはタイトルも何も決めてなくて
ただ書いていくうちに恋愛ではなく仲間や夢、
そして別れ、出会い、
そのようなテーマになっていきました。

前を向いていたいから
ポジティブな曲にしようと思っていたのに
気がつけば君がいなくて寂しいっていう曲になっていました(笑)

自分にとってFlowerの存在が
大きいからこそきっと今があって、
その今を大切に生きていきたいっていう
Flowerらしい曲に仕上がったかなと。

Flowerでの経験や思い出が多すぎて、
書きたいことが多すぎて、
とても迷いましたが
シンプルにいこうと決めて、
シンプルな言葉だけどいろんな意味を込めました。
きっとFlowerのメンバーには、
その真意はバレているんじゃないかな。

今までFlowerを応援してくれた方々や、
夢に向かって頑張っている方々、
本当に沢山の方に届くといいなと思います。

長くなってしまったぁ



◎リリース情報
アルバム『F』
2019/3/27 Release
<初回生産限定盤A(CD+BD)>
AICL-3688~3689 4,800円(tax in.)
<初回生産限定盤B(CD+DVD)>
AICL-3690~3691 4,200円(tax in.)
<通常盤(CD)>
AICL-3692 3,000円(tax in.)
[収録内容(CD)]
計12曲収録 ※初パッケージ化楽曲
01.紅のドレス ※
02.たいようの哀悼歌
03.そこらへんによくある話 ※
04.MOON JELLYFISH
05.モノクロ
06.カラフル
07.とても深いグリーン
08.まだ好きだから ※
09.My Joe ※
10.Stranger
11.Boyfriend -partII- ※
12.F ※
[DVD/BD]計4曲
1.モノクロ (Music Video)
2.MOON JELLYFISH (Music Video)
3.たいようの哀悼歌 (Music Video)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい