BTS (防弾少年団)A.R.M.Y.とドレイク「イン・マイ・フィーリングズ」ダンス・チャレンジがインスタグラムの2018年トップ・トレンドに 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

BTS (防弾少年団)A.R.M.Y.とドレイク「イン・マイ・フィーリングズ」ダンス・チャレンジがインスタグラムの2018年トップ・トレンドに

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

BTS (防弾少年団)A.R.M.Y.とドレイク「イン・マイ・フィーリングズ」ダンス・チャレンジがインスタグラムの2018年トップ・トレンドに

BTS (防弾少年団)A.R.M.Y.とドレイク「イン・マイ・フィーリングズ」ダンス・チャレンジがインスタグラムの2018年トップ・トレンドに


 2018年12月12日にインスタグラムが2018年のトレンドを振り返る記事と動画を公開した。音楽関連の話題ではBTS (防弾少年団)のA.R.M.Y.が最大のファン・コミュニティ、ドレイクの「イン・マイ・フィーリングズ」がもっともバズったダンス・チャレンジに認定された。

 Instagram Pressに投稿された記事には、「SNSにおけるK-POPの優位性は、BTSのA.R.M.Y.が(インスタでの)トップ・ファンダム・コミュニティであることにも反映されている」と記載されている。

 また、「今年もっともバズったダンス・チャレンジもインスタグラムで生まれた。@theshiggyshow(“踊ってみた”動画を最初に投稿したコメディアン)から@willsmith(ウィル・スミス)までを含む、#inmyfeelingschallengeが1位になった」と書かれている。

 このふたつのトレンドは、BTSのジェイホープが「イン・マイ・フィーリングズ」ダンス・チャレンジに参戦という形で交差し、最終的には動画がドレイクのオフィシャル・ミュージック・ビデオのクレジットでも使われるという結果となっている。

 Twitterでも年間トップを2年連続で獲得したBTSは、主要SNSサービスでのアクティビティが反映される米ビルボード“Social 50”チャートで105週No.1に君臨している。

 インスタグラムの年間総括では、東京ディズニーランドが世界でもっともハッピーな場所に認定されているほか、ASMR動画やFortnite、Me Too、Times Up、March For Our Lives(私たちの命のための行進)なども2018年のトレンドとしてリストアップされている。


◎Instagram Year in Review 2018
https://instagram-press.com/blog/2018/12/12/instagram-year-in-review-2018/


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい