レディオヘッド/ザ・キュアー/ジャネット・ジャクソンら、2019年【ロックの殿堂】入りアーティストが発表

Billboard JAPAN

 ザ・キュアー、デフ・レパード、ジャネット・ジャクソン、スティーヴィー・ニックス、レディオヘッド、ロキシー・ミュージック、ザ・ゾンビーズの7組のアーティストたちが、2019年に【ロックの殿堂】入りすることが発表された。

 デビューから25年以上のミュージシャンが選出対象となる【ロックの殿堂】は、これまでザ・ゾンビーズが3度、ジャネット・ジャクソンが2度、レディオヘッドとザ・キュアーは1度、デフ・レパード、スティーヴィー・ニックス、ロキシー・ミュージックは、今回初ノミネートとなっていた。なお、スティーヴィー・ニックスは、過去にフリートウッド・マックのメンバーとして殿堂入りしている。ファン投票でTOP5入りした内4組が選出されており、3位だったトッド・ラングレンのみ惜しくも今回殿堂入りを逃している。

 今年は他にもディーヴォ、ジョン・プライン、クラフトワーク、LL・クール・J、MC5、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、ルーファス&チャカ・カーンらがノミネートされていた。

 34回目となる殿堂入りの式典は、米NYブルックリンのバークレイズ・センターで現地時間2019年3月29日に行われる。チケットは来年1月に発売される予定で、当日の模様は米HBOとSiriusXMで放送される。


◎【ロックの殿堂】による投稿
https://twitter.com/rockhall/status/1073204479393034240

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック