ボブ・ディラン、ウィスキーとサーカス曲芸を無言で楽しむシュールな映像が公開 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ボブ・ディラン、ウィスキーとサーカス曲芸を無言で楽しむシュールな映像が公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ボブ・ディラン、ウィスキーとサーカス曲芸を無言で楽しむシュールな映像が公開

ボブ・ディラン、ウィスキーとサーカス曲芸を無言で楽しむシュールな映像が公開


 現地時間2018年11月22日、ボブ・ディランが『ザ・トゥナイト・ショー・スターリング・ジミー・ファロン』に出演した際のシュールで貴重なコント映像が公開された。
映像

 この日、自身が共同開発したウィスキー“ヘヴンズ・ドア”の宣伝のために、同番組に出演したディラン。フランス人作曲家、故エリック・サティによる「ジムノペディ」の第一番「ゆっくりと苦しみをもって」 (Lent et douloureux)が流れる中、一人でサーカスの客席に座る番組司会のジミー・ファロンのもとに、“ヘヴンズ・ドア”ウィスキーと2つのグラスを持ったディランが登場。

 すると彼は、ジミーと自分のためにウィスキーを注ぎ、乾杯すると、ウィスキーを嗜みながら“ビッグ・アップル・サーカス”の団員たちによる、空中曲芸を無言で楽しんだ。演目が終了し、スタンディング・オベーションをするジミーは、隣に座っていたディランがいつの間にか消えていることに気づく。

 そこでジミーは「ボブ?ボブはどこ?」と問うが、ディランの姿は見当たらない。女性サーカス団長による「誰もいないわ。元々誰もいなかったわ」という返答に、ジミーは狐につままれたような表情を浮かべるが、カメラがウィスキーにズームインすると、そこにはディランの飲みかけのグラスを含む2つのグラスが並んでいるというシュールな内容の映像になっている。


◎Jimmy Takes Bob Dylan to the Circus
https://youtu.be/f0hxHE_UK6Q


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい