D・グローヴァー&ビヨンセ参加の実写版『ライオン・キング』予告編、公開から24時間で2億回以上再生される快挙 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

D・グローヴァー&ビヨンセ参加の実写版『ライオン・キング』予告編、公開から24時間で2億回以上再生される快挙

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
D・グローヴァー&ビヨンセ参加の実写版『ライオン・キング』予告編、公開から24時間で2億回以上再生される快挙

D・グローヴァー&ビヨンセ参加の実写版『ライオン・キング』予告編、公開から24時間で2億回以上再生される快挙


 ディズニーによる実写版『ライオン・キング』の予告編が、感謝祭となる現地時間2018年11月22日に公開された。1994年のアニメ版のリメイクとなる今作は、主人公シンバの声をチャイルディッシュ・ガンビーノことドナルド・グローヴァー、そしてヒロインのナラ役をビヨンセが演じることでも話題となっている。予告編で、彼女はビヨンセ・ノウルズ=カーター名義でクレジットされている。
『ライオン・キング』予告編

 約1分半の予告編は、公開から24時間で2億2460万回再生され、2017年のマーベル・スタジオによる『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の予告編が叩き出した、2億3800万回に次ぐ2位につけている。

 24時間で最も再生されたディズニー映画の予告編となったことを受け、同社は「群れのすべての皆さんへ:#TheLionKingのティーザー予告編を最も再生されたディズニーの予告編デビューにするのを手助けしてくれてありがとうございます。24時間で世界中で2億2460万回再生されました!」という声明をSNSで発表している。

 予告編では、1994年のアニメ版でもシンバの父のムファサ役を担当したジェームズ・アール・ジョーンズの声を聞くことができる。実写版には他にも、悪役スカーのキウェテル・イジョフォー、ザズーのジョン・オリヴァー、そしてミーアキャットとイボイノシシのコンビ、ティモンとプンバァの、ビリー・エイチュナーとセス・ローゲンらが声の出演を果たす。映画は、2019年7月19日に全米公開予定となっており、監督はジョン・ファヴローが務める。
 

◎実写版『ライオン・キング』予告編
https://youtu.be/4CbLXeGSDxg

◎ディズニーによる投稿
https://www.instagram.com/p/BqkysjdF59Y


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい