BTS (防弾少年団)、【2018大韓民国大衆文化芸術賞】授賞式で花冠文化勲章を受章

Billboard JAPAN

 BTS (防弾少年団)が、2018年10月24日に韓国・ソウルで開催された【2018大韓民国大衆文化芸術賞】授賞式で花冠文化勲章を受章した。

 ソウルのオリンピック・ホールで開催された授賞式で、BTSのキム・ナムジュン(RM)、ミン・ユンギ(SUGA)、チョン・ホソク(ジェイホープ)、キム・ソクジン(ジン)、パク・ジミン(ジミン)、キム・テヒョン(V)、チョン・ジョングク(ジョングク)の7名は、文化体育観光部の都鍾煥(ト・ジョンファン)長官より同賞を贈られた。韓流や韓国語の普及に貢献した功績が認められた形で、最年少での文化勲章受章となる。

 受章スピーチでBTSは、ファンのA.R.M.Y.やこれまで一緒に仕事をしてきた人たちへの感謝を述べ、勲章の重みをかみしめた。Soompiによると最年長のジンは、「僕たちは海外によく出ますが、多くの人が韓国語で僕らの曲を歌い、勉強したと自慢してくれます。誇らしい気持ちになります。これからも自分たちの文化の知識を広めたいです」と語った。

 ジェイホープは自身のステージ・ネームにかけて、「僕たちがまさに大衆文化の“希望”(ホープ)になっているようで嬉しいです」と述べ、「花冠文化勲章は大きな賞です。多くのスタッフの苦労やBTSの血と汗、世界中のA.R.M.Y.の皆さんの歓声が込められている重い賞です」と受章の喜びを語った。

 ジミンは授賞式終了後に勲章の写真をSNSに投稿し、「一緒に受章した賞だ。本当にありがとう」とA.R.M.Y.に感謝した。

 【2018大韓民国大衆文化芸術賞】授賞式ではほかに、韓国芸術団の一員として4月に訪朝し、パフォーマンスを披露したRed Velvet(レッド・ベルベット)や、2月の冬季オリンピックの開会式でパフォーマンスを披露したボーカルのハ・ヒョヌがメンバーであるロック・バンドGuckkasten、コメディアンで司会者のユ・ジェソクなど、人気芸能人や業界関係者が表彰された。

  BTSは、【LOVE YOURSELF ワールド・ツアー】のため、約50日間北米や欧州に滞在していたが、授賞式の直前に帰国した。ツアー中は米英の人気テレビ番組に多数出演したほか、国連本部で演説をし、フランスでは韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の前でパフォーマンスを披露し、面会も果たしている。

 2018年10月25日にスティーブ・アオキがBTSとのコラボ「Waste It On Me」をリリースした。BTSにとって初の英語オンリーの楽曲となっている。


◎BTSによる投稿
https://twitter.com/BTS_twt/status/1055041892159643648

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック