チェリスト柏木広樹、映画『きらきら眼鏡』エンディング曲を担当 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

チェリスト柏木広樹、映画『きらきら眼鏡』エンディング曲を担当

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
チェリスト柏木広樹、映画『きらきら眼鏡』エンディング曲を担当

チェリスト柏木広樹、映画『きらきら眼鏡』エンディング曲を担当


 柏木広樹ののオリジナル・アルバム『TODAY for TOMORROW』に収録されている「Reminiscence ~回想~(柏木広樹feat. 葉加瀬太郎&西村由紀江)」が、9月15日より東京・有楽町スバル座など全国で順次公開の映画『きらきら眼鏡』のエンディング曲に決定した。

 本映画は、森沢明夫の同名小説を「つむぐもの」の犬童一利監督が映画化。原作者の地元・船橋市を舞台に、市民参加型のご当地映画として製作。新人の金井浩人と池脇千鶴がダブル主演を務め、共演に安藤政信、古畑星夏、杉野遥亮、片山萌美。恋人の死を乗り越えられず苦しむ主人公、余命宣告を受けた恋人を持つヒロイン、そしてヒロインの恋人との触れ合いや心情を中心に、死生観と恋愛観を織り込みながら主人公の成長を描く人間ドラマとなっている。

 今回、映画『きらきら眼鏡』エンディング曲となった「Reminiscence~回想~」は、中心人物3人の想いが交差する心の会話にも聞こえてくるかのような優しさ、せつなさ、そして、どこかほのかな心強さも表現されているメロディーとアレンジで構成されており、チェリスト柏木広樹、ヴァイオリニスト葉加瀬太郎、ピア二スト西村由紀江による素晴らしいトリオの演奏による室内楽に仕上がっている。まさに『きらきら眼鏡』の物語の最後を飾るに相応しいエンディングテーマ曲と言えそうだ。

◎公開情報
『きらきら眼鏡』
2018年9月15日(土)より全国公開
出演:金井浩人(新人)、池脇千鶴、安藤政信
監督:犬童一利・原作:森沢明夫・脚本:守口悠介
INFO:https://kirakiramegane.com/movie/

◎リリース情報
アルバム『TODAY for TOMORROW』
2017/9/13 RELEASE
HUCD-1025 3,000円(tax out.)
INFO:https://www.hirokikashiwagi.com/


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい