ポール・マッカートニー、幻覚体験中に神を見たことがあると発言

Billboard JAPAN

 2018年9月7日に5年ぶりのニュー・アルバム『エジプト・ステーション』をリリースするポール・マッカートニーが、英紙サンデー・タイムズとのインタビューで、過去の幻覚体験中に神を見たことがあると発言した。

 76歳の元ザ・ビートルズ・メンバーはその体験により謙虚な気持ちになったと言う。「それは巨大だった。天辺が見えない程の圧倒的な壁で、自分はその下にいた。他の誰だってそれはただドラッグのせいだ、幻覚だって言うだろうけれど、自分たちは神のような存在を見たのだと感じたんだ」と彼は話している。後期のザ・ビートルズのサウンドは、幻覚性のドラッグによる影響を強く受けていた。

 ポールはまた、亡き妻リンダを含む亡くなった愛する者たちが上から自分を見守ってくれているとあえて信じていると語っている。

 ポール・マッカートニーは、10月から11月にかけて【フレッシュン・アップ・ツアー】での来日が決定している。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック