マライア・キャリー、ニューALについて明かす ラスベガス常設公演延長へ 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

マライア・キャリー、ニューALについて明かす ラスベガス常設公演延長へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
マライア・キャリー、ニューALについて明かす ラスベガス常設公演延長へ

マライア・キャリー、ニューALについて明かす ラスベガス常設公演延長へ


 現地時間2018年8月27日、現在米ラスベガスのシーザーズ・パレスで【ザ・バタフライ・リターンズ】と題された常設公演を行っているマライア・キャリーが、公演を2019年まで延長させることを発表した。
マライア・キャリーによる投稿

 常設公演は、今年9月上旬に閉幕する予定だったが、来年2月までの日程が新たに発表された。追加日程のチケットは、現地時間8月31日に販売がスタートする。

 また彼女は、米ピープル誌に対し、スタジオ入りし、ニュー・アルバムの制作を行っていることを明らかにしている。彼女は「アルバムには陽気で、楽しい側面もあれば、その他の曲では詞を深堀りしている。新作は様々な断面のある作品になっている」と話している。先日マライアは、ジャーメイン・デュプリやプロデューサーのボビー・ロス・アヴィラらとレコーディングしている様子を公開していた。

 待望のニュー・アルバムは、2014年の『ミー。アイ・アム・マライア』以来のスタジオ作となる。


◎マライア・キャリーによる投稿
https://twitter.com/MariahCarey/status/1034064237226672128


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい