レディー・ガガ初主演映画『アリー/ スター誕生』日本版予告&ティザー・ビジュアル公開 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

レディー・ガガ初主演映画『アリー/ スター誕生』日本版予告&ティザー・ビジュアル公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

レディー・ガガ初主演映画『アリー/ スター誕生』日本版予告&ティザー・ビジュアル公開

レディー・ガガ初主演映画『アリー/ スター誕生』日本版予告&ティザー・ビジュアル公開


 2018年12月21日に日本公開される映画『アリー/ スター誕生』のティザー・ビジュアルと日本版予告が公開された(https://youtu.be/6jLvuQ8NYAM)。
日本版予告

 映画界の巨匠クリント・イーストウッドが映画化を熱望した『スター誕生』。その想いを受け継いだのは、彼の元で『アメリカン・スナイパー』(2015)の主演・製作を務めた俳優ブラッドリー・クーパー。そして、映画初主演の歌姫レディー・ガガが、ヒロインのアリーを演じる。

 音楽業界でスターになる夢を密かに見ながらも、自分の才能に自信も無く、周りからは容姿も否定され、小さなバーで細々と歌手を続けていたところ、世界的ロックスターのジャクソン(ブラッドリー・クーパー)にその才能を見出され、等身大の自分のままで飛び込んでいく決意をしたアリー(レディー・ガガ)。日本版予告には、レディー・ガガの圧倒的な歌声と共に、ショー・ビジネスの世界で感じる様々な感情を演じる彼女の姿が映し出されている。

 なお、ドラマと共に生まれる数々の曲は本作オリジナルの書き下ろし。自分の容姿と才能に自信がなかったアリーが、戸惑いながらも一歩踏み出しステージで本作のメイン楽曲「SHALLOW」(原題)も、レディー・ガガが自ら書き下ろした。自身も学生時代容姿にコンプレックスを抱え、これまでも”ありのままの自分に自信を持つ”という力強いメッセージを込めた名曲を生み出してきたレディー・ガガ。この楽曲を披露するシーンでは、魂の歌声が観る者に深い感動を呼び起こす。



◎公開情報
映画『アリー/ スター誕生』
2018年12月21日(金)全国ロードショー
監督&製作:ブラッドリー・クーパー
出演:レディー・ガガ、ブラッドリー・クーパー
全米公開:2018年10月5日
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい