綾野剛&北川景子インタビュー 映画『パンク侍切られて候』は「Anarchy In The UK」のためにあるような作品? 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

綾野剛&北川景子インタビュー 映画『パンク侍切られて候』は「Anarchy In The UK」のためにあるような作品?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
綾野剛&北川景子インタビュー 映画『パンク侍切られて候』は「Anarchy In The UK」のためにあるような作品?

綾野剛&北川景子インタビュー 映画『パンク侍切られて候』は「Anarchy In The UK」のためにあるような作品?


 2018年6月30日公開の映画『パンク侍切られて候』。公開されたビジュアルの「人間 vs 人間 vs 猿」というコピーからも破天荒さが窺えるが、出演陣は本作をどう見ているのだろうか。主役を演じた綾野剛とヒロインを演じた北川景子に、撮影中の苦労話から主題歌への想いまでを聞いた。

 過去にCMでの共演経験がある2人だが、意外にも映画では初共演だと言い、「感情の赴くまま作品でご一緒したいなと思ったので、今回共演できて本当に良かったです。」と綾野、「(CM以外で)同じ作品に出たり、今まですれ違うことすら1回もなかったので、今回、“初めて本物の綾野剛さんを見た!”って(笑)。このお話をいただいた時、綾野さんが主演で、そのヒロインで入れるならどんな作品でもやりたいというのがあったので心は決まっていましたが、台本を読んでみたらすごい内容でした(笑)。でも、こういう作品で初めてっていうのもいいなと思ったし、ぶっ飛んでみるのもいいなっていう感覚がありましたね。」と北川も念願叶っての初共演だと話した。

 さらに北川は、「私は仕事をする上で、ある程度の約束を守りながら、自分を出すバランスを大事にしていて、そのバランスのとり方が綾野さんと似ているのかなと思います。話さなくてもその辺の感覚をよくわかってくれている気がしました。仕事のやり方が似ているのかも。」と綾野とは相性の良さも感じたそうだ。

 作品については、綾野の戦闘シーンに北川が「台本読んだ時に“どうやって撮るんだろう?”と思っていたんだけど、ここまですごいとは…。本気のアクションなのにギャグが入ってくるのが、痛々しいだけでなく笑えるというか、笑わせるために全力をかけているっていうのがすごいなって思いました。“こんな風になったんだ!”とアクション全般はすごく驚いて、最後の丘から飛ぶシーンもすごいなと思いました。」と話すと、「あれで踵をやっちゃったんだよね…」と綾野が告白。北川は「本当に吹き替えなしで太刀回りをされているのは知っていたから、これを熱い夏の京都でやってたんだなと思うと、本当に驚きました。」と驚きを隠せない様子で語った。

 北川は劇中で変わったダンスを披露するのだが、本番までに現場が止めるほどとてつもない量の練習をしたそう。そんな北川渾身のシーンに綾野は、「みんな笑いながらやっているのに、ろんは真顔で、呼吸するように踊っていました。ろんの心の中で揺れ動いているものがダンスだとするならば、腹の中で色んなことが起こっていて掻きむしられているような感じがました。1番狂ってるのがあのシーンだと思われそうですが、1番平常心というか、1番まともに見えたのがさすがだった。あと、客観的にあの踊りをやっている北川景子という人が最高だなと。あれを許容できる女優さんなかなかいないですよ。」と絶賛。それに対し北川は「思い切ってやらないといけないと思ったし、恥ずかしがってても変になっちゃうと思って。練習する時間も用意していただいたので頑張りました。」と振り返った。

タイトルに因み、“パンク”バンドの代表格ともいえるセックス・ピストルズの「Anarchy In The UK」が主題歌に大抜擢されたことについて、綾野は「そもそも海外の楽曲を使うことが難しいことなので、いくらなんだろう…?って。大胆だなと思いました!(笑)」と笑いながらも「エンターテインメントでいう本当のわかりやすさで言ったら「Anarchy In The UK」が入ったことによって、よりメジャー感が増して近寄りやすいものになったと思います。当時はパンクだったかもしれないですが、僕らが今聴くとあの曲はポップに聴こえる。歌っている内容にパンクスメッセージが込められているのであって、デスヴォイスを使っているわけでもないし、ツインペダルを使っているのでもない。音色は心地の良いコードを使っていて、すごく単純なことをやっているから、そういう意味でも“他の作品では起用するのは難しい”と思うし、この主題歌のためにあるような作品と言っても過言ではないと思います。」と語った。

 もう一方の主題歌、感覚ピエロの「夜のスピード」について北川は、「好きでした。ロックなんだけど切ない感じがして。哀愁のような。」と評価。綾野も「“ロマン”があったんだよね。この映画で唯一ロマンがある!」とコメント。続けて「“夜のスピード”が入ってくれたことによって作品がまとまり、良い意味で“箸置き”のようでした。座るたたずまいを変える隙もないような映画なので、“ロマン”が現れることによって脚を組み直すことができたり、導入として大事な曲だったので感謝してます。お会いしてお礼を言いたいです。」とバンドに感謝を述べた。2人が絶賛する2つの主題歌が劇中でどのように生きてくるのか、是非劇場で確かめてほしい。


Text & Photo:Yuma Totsuka


◎公開情報
『パンク侍、斬られて候』
2018年6月30日(土)全国公開


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい