沢尻エリカ主演『猫は抱くもの』、劇中アイドルグループ“サニーズ”の楽曲MV公開&配信決定 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

沢尻エリカ主演『猫は抱くもの』、劇中アイドルグループ“サニーズ”の楽曲MV公開&配信決定

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
沢尻エリカ主演『猫は抱くもの』、劇中アイドルグループ“サニーズ”の楽曲MV公開&配信決定

沢尻エリカ主演『猫は抱くもの』、劇中アイドルグループ“サニーズ”の楽曲MV公開&配信決定

 映画『猫は抱くもの』で主演の沢尻エリカが所属する劇中アイドルグループ“サニーズ”によるエンディングソング「ロマンス交差点」が5月23日に配信されることが決定し、併せてミュージック・ビデオが公開された。
サニーズ MV
 本作は、思った通りの自分になれず、投げやりな毎日に慣れてしまった“元アイドル”の沙織(沢尻エリカ)と“自分を沙織の人間の恋人だと思い込んでいる猫”が、自分らしい生き方を見つけていく物語。猫の良男の擬人化した姿を演じるのは、今最も注目されている若手演技派俳優の吉沢亮。そのほか、水曜日のカンパネラのボーカル・コムアイや銀杏BOYZ・峯田和伸も物語のキーマンとして出演する。また本作では、「猫を撮らせたら日本映画界随一」ともいわれる犬童一心監督が新鮮な演出を織り交ぜ世界観を作り上げている。
 そして、本作のエンディングソングとなるのが、劇中で沙織(沢尻)がかつて所属していたアイドルグループ“サニーズ”の唯一のヒット曲である「ロマンス交差点」。沙織にとっては大切な一曲でありながらも、アイドルだったころの夢をあきらめたことを想起させる歌で、シンガーソングライター奥村愛子が描くドリーミーな歌詞と、益田トッシュがプロデュースを手掛けた、90sフレイバー満載のメロディーとグルーヴ感が融合した楽曲となっている。
 解禁されたミュージック・ビデオでは、サニーズのダンスにも注目。振付は、新垣結衣が出演していた、グリコ『ポッキー』や菅田将暉の『ファンタレモン+C』などでも振付を行っている香瑠鼓が担当。沢尻は「サニーズの撮影もとっても楽しかった。皆が楽屋にいた時に、歴代のアイドルのキャッチコピーを参考にながら、各々でキャッチコピーをつけて冗談まじりに監督に提案した所、それが実際に劇中で使われる事になって驚いた」と振り返っている。なお、映画『猫は抱くもの』は6月23日より新宿ピカデリー他、全国ロードショー。

◎「ロマンス交差点」MV:
https://youtu.be/Hqe-Xlfe41g
◎配信情報
「ロマンス交差点」
2018/05/23 RELEASE
iTunesやレコチョクなど配信サイトにて
◎公開情報
『猫は抱くもの』
2018年6月23日(土)より東京・新宿ピカデリーほか全国でロードショー
監督:犬童一心
原作:大山淳子『猫は抱くもの』(キノブックス刊)
脚本:高田亮 
出演:沢尻エリカ、吉沢亮、峯田和伸、コムアイ(水曜日のカンパネラ)、岩松了 
企画製作・配給:キノフィルムズ/木下グループ
制作プロダクション:ADKアーツ
2018年/日本/カラー/ビスタ/DCP5.1ch/109分
(C)2018「猫は抱くもの」製作委員会


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい