ジョンヒョン(SHINee)、高い音楽性と慈愛の心を持ったボーカリスト―歌声・楽曲制作・歌詞から紐解く―(Album Review) 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

ジョンヒョン(SHINee)、高い音楽性と慈愛の心を持ったボーカリスト―歌声・楽曲制作・歌詞から紐解く―(Album Review)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ジョンヒョン(SHINee)、高い音楽性と慈愛の心を持ったボーカリスト―歌声・楽曲制作・歌詞から紐解く―(Album Review)

ジョンヒョン(SHINee)、高い音楽性と慈愛の心を持ったボーカリスト―歌声・楽曲制作・歌詞から紐解く―(Album Review)


 ちょうど1か月前の今日から、長い間悪い夢でも見ているようだ。2017年12月18日、SHINeeのジョンヒョンが急逝したというニュースは世界中に衝撃と悲しみを与えた。SHINeeは、東京ドームをはじめ全国ツアーやメディア出演の回数が多く日本でも幅広い活動を見せており、激しいダンス曲から5人のハーモニーが合わさるバラードまで、歌、ダンスともにその実力が高いことで知られている。

 この記事では、SHINeeの活動と並行してジョンヒョンが行っていたソロ活動について記したい。グループの中でメインボーカルを努めていたジョンヒョンは、K-POPアーティストの中でも他に一線を画すボーカリストだ。それは、ただ単に歌が上手いということではない。幅広い音域、声の質感、情感、声量、表現力とどの能力も抜群に高く、それらをすべてコントロールできる歌手は中々いない。そのことが顕著に現れたのはソロとして2015年1月にリリースしたミニ・アルバム『BASE』だ。SHINeeを引っ張っているパワフルな声色とはひと味もふた味も違い、憂いや影を纏ったその比類なき存在感の声に一瞬で魅了されてしまった人は多いだろう。同アルバムのリード曲でもありZION.Tをフィーチャーした「Deja Boo」から、ラッパー・IRONを招いた「Crazy」へ、そして後半の「MONO-Drama」へと曲ごとにどんどん変化する声の表現には驚かされた。

 また、『BASE』ではソングライターとしての才能も見事に開花させ、そのセンスは高い評価を受けた。翌2016年にリリースしたフル・アルバム『She Is』でも、エフェクトなどに頼らない自身の声と、ネオソウルやトラップなどの要素をミックスした軽快なアーバン・ビートとを見事に融合させている。

 元々SHINeeの楽曲制作にも参加していたが、ソロ活動を通してより多くの人に知られるようになったそのソングライティング力は自身の曲のみならず他のアーティストの作品を通しても認められていく。SMエンターテインメント所属の弟分・EXOの「Play boy」、IUの「憂鬱時計」などの楽曲提供作品の中でもとりわけ大きな話題となったのは、LEE HIが歌う「Breath」だ。サビでは〈誰かのため息 その重い息を 私がどうしたら 分かってあげられるだろう あなたのため息 その深さを理解することは出来ないけど 大丈夫 私が抱きしめてあげます〉と綴られており、これまで以上にジョンヒョンの歌詞が多くの人から共感を得る楽曲となった。

 上述でも触れたが、歌声、作曲力に加えてジョンヒョンのアーティストとしての特筆すべき点は、彼の書く歌詞ではないだろうか。ジョンヒョンの作品の中で歌詞に最もフォーカスを当てているのは、ジョンヒョンが3年間に渡りパーソナリティを努めた韓国のMBCラジオ『青い夜』でリスナーの相談などを受け、心を癒やしたいという気持ちから制作されたという小品集『Story Op.1』(2015年)、『Story Op.2』(2017年)だ。この2作では、1曲1曲の物語の登場人物が「僕」と「あなた」のみで、日常にいて感じる憂鬱や痛みが独特の感性を持った言葉で紡がれていて、ラジオのパーソナリティを終えるのと同時期に発表された『Story Op.2』ではさらにジョンヒョン自身のパーソナルな部分が歌詞に込められていたのだろうと今になって思う。同アルバムに収録されている少女時代・テヨンとのデュエット曲「Lonely」は、2人でいるのに互いに孤独を感じていて、それでもお互いが離れることを我慢だという複雑な感情を会話にしており、他の楽曲でも孤独感を表現した歌詞が多い。だが、決してこのアルバムから感じ取れるのは暗さや闇のようなものではない。自分と同じように孤独や寂しさを抱えている人にそっと寄り添って、「大丈夫。そんな時間や気持ちもあっていいんだ。僕にだってあるんだから。」と隣で優しく声をかけてくれているような温かさばかりが胸に残る。

 彼の歌詞には、自分へのネガティブな感情が出てくることはあっても相手を否定する言葉は見当たらないし、かと言って綺麗事を並べるようなこともない。こうして歌詞を読みながら歌声を聴いていると、ジョンヒョンがとても繊細で、誰よりも優しい気持ちを持っているのだと改めて感じた。そして、誰よりも人や音楽に対する愛が深かったのだろうと。ジョンヒョンがステージ上で歌いながら幸せそうにはにかむ姿を忘れられないし心に刻んでおこうと思う。『Story Op.1』に収録されている「End of a day」のラストは<お疲れさまでした 本当にたいへんだったね 君は僕の誇り>という歌詞で結ばれている。こんな風に歌ってくれたジョンヒョンへ同じ言葉を、そして素敵な夢を見せてくれた感謝を贈りたい。時間が過ぎても寂しい気持ちはもちろん続いていくけれど、彼が残したものはそれだけではない。聴き手の心をそっと包み込んでくれる彼の歌声と音楽は、この先も私たちの大切な宝物として輝き続けていくだろう。

text:神人未稀

 
 なお、ジョンヒョンの訃報に際し実施の有無が保留となっていたSHINeeのドームツアー【SHINee WORLD THE BEST 2018~FROM NOW ON~】が、予定通り2月17、18日に京セラドーム大阪、2月26、27日に東京ドームにて開催されることが先日発表された。

◎公演情報
2018年2月17日(土)大阪府 京セラドーム大阪
OPEN 15:00 / START 17:00
2018年2月18日(日)大阪府 京セラドーム大阪
OPEN 13:00 / START 15:00
2018年2月26日(月)東京都 東京ドーム
OPEN 16:00 / START 18:00
2018年2月27日(火)東京都 東京ドーム
OPEN 16:00 / START 18:00


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい