ラナ・デル・レイの『ボーン・トゥ・ダイ』、全米ALチャートに300週以上エントリー 女性ソロ・アーティストとして史上3人目

2018/01/18 12:15

ラナ・デル・レイの『ボーン・トゥ・ダイ』、全米ALチャートに300週以上エントリー 女性ソロ・アーティストとして史上3人目
ラナ・デル・レイの『ボーン・トゥ・ダイ』、全米ALチャートに300週以上エントリー 女性ソロ・アーティストとして史上3人目


 ラナ・デル・レイの『ボーン・トゥ・ダイ』が、2018年1月20日付の米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”で300週以上チャート・インし、女性ソロ・アーティストとしては史上3人目の快挙を達成した。
 1956年にアルバム・チャートが毎週定期的に更新されるようになって以来、300週以上チャート・インした女性アーティストによる作品は2つだけだった。キャロル・キングの『タペストリー』(318週)と、アデルの『21』(359週)だ。『タペストリー』は1971年に初登場し15週No.1を記録、2011年に初登場した『21』は24週No.1に君臨し、女性ソロ・アーティストの最長記録を誇っている。
 ラナ・デル・レイのデビュー・アルバム『ボーン・トゥ・ダイ』は、2012年2月18日付のアルバム・チャート初登場2位が最高位だった。ニールセン・ミュージックによると、同アルバムは2018年1月11日までに300万ユニットのセールスを記録、その内150万枚はフィジカル・セールスだ。現在は主にオンデマンド・ストリーミングで聴かれており、1月11日で終わるチャート週で550万回再生された。
 男女問わず“Billboard 200”で最も長くチャート・インした記録保持者はピンク・フロイドで、『狂気 / The Dark Side of the Moon』がなんと937週もエントリーしており、2位以下に大差をつけている。2位はボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズの『レジェンド~ザ・ベスト・オブ・ボブ・マーリー』(504週)、3位はジャーニーの『グレイテスト・ヒッツ』(494週)、4位はジョニー・マティスの『ジョニーズ・グレイテスト・ヒッツ』(490週)、そして5位は『マイ・フェア・レディ』のオリジナル・キャスト・レコーディング(480週)と続く。

あわせて読みたい

  • 【米ビルボード・アルバム・チャート】激戦のTOP3争いをラナ・デル・レイが制す、リンキン・パーク最新作が4位に浮上

    【米ビルボード・アルバム・チャート】激戦のTOP3争いをラナ・デル・レイが制す、リンキン・パーク最新作が4位に浮上

    Billboard JAPAN

    8/3

    ラナ・デル・レイ、ショート・フィルム「Tropico」の予告映像公開

    ラナ・デル・レイ、ショート・フィルム「Tropico」の予告映像公開

    Billboard JAPAN

    11/8

  • ケリー・クラークソン、今度はラナ・デル・レイをサプライズ・カバー

    ケリー・クラークソン、今度はラナ・デル・レイをサプライズ・カバー

    Billboard JAPAN

    8/18

     ドレイクxフューチャー サプライズ・リリースで米ビルボード・アルバム・チャート首位をマーク、ラナ・デル・レイは惜しくも2位に初登場

    ドレイクxフューチャー サプライズ・リリースで米ビルボード・アルバム・チャート首位をマーク、ラナ・デル・レイは惜しくも2位に初登場

    Billboard JAPAN

    9/30

  • 【米ビルボード・アルバム・チャート】トゥール3作連続首位、ラナ・デル・レイ3位初登場

    【米ビルボード・アルバム・チャート】トゥール3作連続首位、ラナ・デル・レイ3位初登場

    Billboard JAPAN

    9/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す