沖野修也、大沢伸一ら京都出身のアーティストも参加。伊右衛門サロン京都の空間を音楽で表現したCDが発売

2017/12/26 19:55

沖野修也、大沢伸一ら京都出身のアーティストも参加。伊右衛門サロン京都の空間を音楽で表現したCDが発売
沖野修也、大沢伸一ら京都出身のアーティストも参加。伊右衛門サロン京都の空間を音楽で表現したCDが発売


 12月20日、伊右衛門サロン京都の空間を音楽で表現したCD『伊右衛門サロン京都 presents Sound Of Kyoto』が発売された。
 このアルバム内容は、サントリー緑茶「伊右衛門」の世界観をイメージして2008年に設立された、 京都三条烏丸のカフェラウンジ「伊右衛門サロン京都」が贈る音楽CD。 「茶×和×モダン×京都」をテーマに、伊右衛門サロンの世界観を音楽を通じて世界に発信するコンセプトアルバムとなっている。
 収録曲には、JR東海「そうだ京都、行こう。」のCMでもお馴染みの楽曲「My Favorite Things」の極上ブラジリアン・ ジャズ・カバー。アカデミー賞、ゴールデングローブ賞を受賞したソフィア・コポラ監督映画「ロスト・イン・トランスレーション」劇中で、主演のスカーレット・ヨハンソンが京都を一人で歩くシーンで印象的に使われ、Air(エール)の名曲「Alone In Kyoto」のオリジナルバージョン。京都出身のジャズボーカル・レジェンド、 笠井紀美子の名曲「Satin Doll」など、グローバルに知られる京都発の音楽を収録。さらに、京都のクラブ・シーンから世界の音楽シーンに活躍の場を広げた沖野修也(KYOTO JAZZ SEXTET)、大沢伸一(Mondo Grosso)、現代を代表する京都出身の音楽家高木正勝、Nabowa、jizue、THE BED ROOM TAPEなど京都出身のアーティストや京都をテーマした楽曲に加え、 最新のサウンドと日本語を巧みに操り京都を表現するLA発のサウンドプロデューサーAsoのCD日本初収録音源など、「茶×和×モダン×京都」を基に厳選された「京都の音楽」全13曲を収録。
◎リリース情報
アルバム『伊右衛門サロン京都 presents Sound Of Kyoto』
2017/12/20 RELEASE
IMWCD-1072 ¥2,000(tax in)
<収録曲>
01. My Favorite Things / Dori Caymmi
02. Spirit Of Voyage (Non Vocal Mix) / Mondo Grosso
03. holiday / jizue
04. girls / 高木正勝
05. Morning Path / Marihiko Hara & Polar M
06. Ries (Kuniyuki Remix) / Nabowa
07. Alone In Kyoto / Air
08. Kyoto / Aso
09. Bitter / THE BED ROOM TAPE
10. Carioca Moon / A.Y.B. Force
11. Eclipse / Kyoto Jazz Sextet
12. Satin Doll / 笠井 紀美子
13. Thank You feat. NAVASHA DAYA (replayed by SLEEP WALKER)*Instrumental / 沖野修也

あわせて読みたい

  • 沖野修也が”ジャズ

    沖野修也が”ジャズ"に特化した新たなレギュラーイベントをスタート

    Billboard JAPAN

    11/12

    沖野修也、Mondo Grosso『The European Expedition』20周年トリビュート・ライブを来年3月に開催

    沖野修也、Mondo Grosso『The European Expedition』20周年トリビュート・ライブを来年3月に開催

    Billboard JAPAN

    12/4

  • 沖野修也によるMONDO GROSSOトリビュート・ライブのレポートが到着!今週日曜日には追加公演も。

    沖野修也によるMONDO GROSSOトリビュート・ライブのレポートが到着!今週日曜日には追加公演も。

    Billboard JAPAN

    4/12

    秋の京都「時差観光」のススメ!ひと工夫で混雑回避

    秋の京都「時差観光」のススメ!ひと工夫で混雑回避

    BOOKSTAND

    10/5

  • 沖野修也率いるKyoto Jazz Sextet、8/7に東京単独ライブが開催

    沖野修也率いるKyoto Jazz Sextet、8/7に東京単独ライブが開催

    Billboard JAPAN

    6/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す