X JAPAN、7月日本公演はアコースティック形式で決行 YOSHIKIはピアノでの参加 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

X JAPAN、7月日本公演はアコースティック形式で決行 YOSHIKIはピアノでの参加

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
X JAPAN、7月日本公演はアコースティック形式で決行 YOSHIKIはピアノでの参加

X JAPAN、7月日本公演はアコースティック形式で決行 YOSHIKIはピアノでの参加

 X JAPANが6月9日に緊急記者会見を行い、7月に開催される【X JAPAN WORLD TOUR 2017 WE ARE X】の日本公演の決行を発表した。


 今回の会見に登壇したのは、TOSHI、PATA、HEATHの3人。YOSHIKIの人工椎間板置換手術のためツアーの開催について協議していたが、この会見でTOSHIが「なんとか前向きにやろうということになりました」と報告した。しかし、手術から時間が経っておらずドラムを演奏することは難しいことから、ピアノでの参加となることも明かされた。


 これに伴いツアーの内容もアコースティックでのセッションとなり、ツアータイトルは【X JAPAN WORLD TOUR 2017 WE ARE X Acoustic Special Miracle ~奇跡の夜~ 6DAYS】に変更された。TOSHIは、「いまの時期だからこそできる、我々の最高のパフォーマンスを是非ファンのみなさんと共有したいと思っています。」とコメント。PATAは「来ていただいたファンの方が、納得できるコンサートをやりたいと思っています。」、HEATHは「どんな状況になってもベストを尽くしていきたい」と語り、スケジュールの都合で会見に出席できなかったSUGIZOからは「どんなに苦境になろうとも全霊で臨みます。それが僕の役目だと思っています。」というメッセージが寄せられた。


 会見の後半には、ロサンゼルスからYOSHIKIが電話で参加。「緊急手術でご迷惑をお掛けしたことを本当に申し訳なく思っています。」とまず謝罪。その後「前に進んでいないと生きていけないタイプの人間。コンサートに向かっていることが何よりのリハビリになる。」と話した。なお、8月から9月にかけて東名阪で行われるYOSHIKIのプレミアムディナーショーも予定通り開催されることがわかった。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい