“グラマラス・ロック”の新星ザ・ストラッツ、ソールドアウトの初単独来日公演を熱演 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“グラマラス・ロック”の新星ザ・ストラッツ、ソールドアウトの初単独来日公演を熱演

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
“グラマラス・ロック”の新星ザ・ストラッツ、ソールドアウトの初単独来日公演を熱演

“グラマラス・ロック”の新星ザ・ストラッツ、ソールドアウトの初単独来日公演を熱演

 UK出身4ピース・バンド、ザ・ストラッツが初の来日公演を開催した。


 ザ・ローリング・ストーンズやガンズ・アンド・ローゼズといったロック界のレジェンドにサポート・アクトとしても抜擢されたザ・ストラッツ。日本でも先日、デビュー・アルバム『エヴリバディ・ウォンツ』をリリースしたばかりの彼らが、2月12日の大阪、13日の渋谷と2日連続で来日公演を開催。いずれもチケットはソールドアウトとなり、世界が認める“グラマラス・ロック”を魅せつけた。


 13日の東京公演では、開演前からバンドの登場を待つ熱気がフロアに溢れていたが、メンバーがステージに登場するとその熱気が一気に爆発。世界基準となりつつあるロック界の新星の求心力を早くも見せつけると、華々しくライヴがスタート。デビュー・アルバムから「キス・ディス」「クッド・ハヴ・ビーン・ミー」などのヒット曲を次々と畳み掛け、会場いっぱいに集まったファンの熱気は更に加熱。曲によっては全員でシンガロングする場面があったり、サビの部分を練習してからその曲に突入するなど、バンドと会場が一体となったパフォーマンスが繰り広げられた。そして「今日は特別なショーだから」ということで、デヴィッド・ボウイの「Rebel Rebel」のカヴァーを披露して本編が終了。まだまだ聴きたいと言わんばかりのアンコールの拍手に迎えられ再びステージに登場。ヴォーカルのルークはここで2度目の衣装チェンジ、煌びやかなジャケットの背中の「Sir Rock & Roll」の文字がかっこいい。


 最後は、「日本のファンは世界でベスト、ありがとう、また戻ってくるよ」とメッセージを残し、グラマラス・ロックに酔いしれたファンの歓声と拍手でステージを後にした。

Photo: Yuki Kuroyanagi



◎リリース情報
Album『エヴリバディ・ウォンツ』
Available now
UICS-1321 / 2,700円(tax in.)
※日本盤のみボーナス・トラック5曲収録
※日本盤オリジナル・ジャケット仕様
<トラックリスト>
01. ロール・アップ
02. クッド・ハヴ・ビーン・ミー
03. キス・ディス
04. プット・ユア・マネー・オン・ミー
05. メリー・ゴー・ラウンド
06. ダーディ・セクシー・マネー
07. ジ・オール・スウィッチャルー
08. シー・メイクス・ミー・フイール・ライク
09. ヤング・スターズ
10. ブラック・スワン
11. ディーズ・タイムズ・アー・チェンジング
12. オンリー・ジャスト・ア・コール・アウェイ 
13. ホエア・ディド・シー・ゴー
14. プット・ユア・ハンズ・アップ ※日本盤ボーナス・トラック
15. マイ・マシーン ※日本盤ボーナス・トラック
16. ウィ・ウィル・ロック・ユー ※日本盤ボーナス・トラック
17. キス・ディス(アコースティック・ヴァージョン) ※日本盤ボーナス・トラック
18. クッド・ハヴ・ビーン・ミー(ライヴ・フロム・サマーソニック2016) ※日本盤ボーナス・トラック


◎The Struts - Kiss This - Official Video
https://youtu.be/abOhx2YtPyM


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい