マイケル・ファスベンダー、迫真のエア・ギターを披露 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

マイケル・ファスベンダー、迫真のエア・ギターを披露

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
マイケル・ファスベンダー、迫真のエア・ギターを披露

マイケル・ファスベンダー、迫真のエア・ギターを披露

 現地時間2016年12月13日に『アサシン クリード』などで知られるイケメン俳優、マイケル・ファスベンダーが『ザ・トゥナイト・ショー』に出演し、司会のジミー・ファロンとアツいエア・ギター対決を繰り広げた。


 お互いに相手が選んだ曲は知らないまま、まずはジミーがシン・リジィの「ヤツらは町へ/The Boys are Back in Town」で無難に先攻。自分の番になるとマイケルは俳優らしくおもむろに見えないストラップをかけるところから演技を始め、ファロンを悔しがらせた。そしてオジー・オズボーンの「クレイジー・トレイン」のイントロのベースから入り、わざわざ楽器を持ち替える演技を交えながら迫真のエア・ギターを披露した。


 次に二人はエア・ギターとエア・バンジョーで息のあったデュエットで観客を沸かせた。



◎Air Guitar Battle with Michael Fassbender
https://youtu.be/VcjkrIaAqUA


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい