スリップノット、NC州でのアンチLGBT法を批判&ライブ決行を宣言 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

スリップノット、NC州でのアンチLGBT法を批判&ライブ決行を宣言

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
スリップノット、NC州でのアンチLGBT法を批判&ライブ決行を宣言

スリップノット、NC州でのアンチLGBT法を批判&ライブ決行を宣言

 米ヘヴィメタルバンドのスリップノットが8月1日、ノースカロライナ州のアンチLGBT法に対するフラストレーションをフェイスブックで公開した。しかしながら、現地時間2日に予定している同州シャーロットでのコンサートは、キャンセルせずに行うことをファンに誓っている。


 バンドは、「俺たちがこのツアーをスタートさせたとき、ノースカロライナでHB2と呼ばれる法案が可決されたため同地での公演に懸念を抱いていた。同法はLGBTQの人々の権利を奪い、労働者階級へ生活賃金が渡らなくなる可能性を生ずるものだ」などと綴っている。


 また、スリップノットは同ステートメントにて、全ての人に対する平等雇用を支持し、LGBTの人々を守る条例を覆す、トランスジェンダーの人々がどちらのトイレを使うか自ら選択することを防止するHB2法は、“これらの意義に反するもの”とする姿勢を明確にしている。


 「ノースカロライナの俺たちのファンはより良い報いを受けるに値するため、キャンセルしないことを決めた。どこでションベン漏らそうが気にしないからどっとやってくれ。実にシンプルなことさ」


 なお、スリップノットはノースカロライナ州で同法と闘うLGBTQ擁護団体、Equality NCともパートナーシップを組んでいる。


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい