『ファインディング・ドリー』に“世界一愛されるカメ“のクラッシュが再登場! 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『ファインディング・ドリー』に“世界一愛されるカメ“のクラッシュが再登場!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『ファインディング・ドリー』に“世界一愛されるカメ“のクラッシュが再登場!

『ファインディング・ドリー』に“世界一愛されるカメ“のクラッシュが再登場!

 7月16日より公開される『ファインディング・ドリー』に、前作『ファインディング・ニモ』にも登場したウミガメのクラッシュが再登場。その再登場シーン映像が初公開された。


 東京ディズニーシーの人気アトラクション「タートル・トーク」でお馴染みのウミガメのクラッシュ。「最高だぜぇ~! うぉ~!」の掛け合いがチャーミングな“世界一愛されるカメ”のクラッシュが、本作にも再登場し、存在感を放っている。今回解禁となった本編映像は、海のことなら何でも知り尽くすクラッシュが、“家族の思い出”の秘密を求めて旅立つドリーと、マーリン、ニモを、カリフォルニア州モロ・ベイの宝石まで連れて行くという重要なシーン。ドリーの家族を探す冒険の始まりに期待が高まるが、この後ドリーが人間に捕まってしまい、海の生物にとって危険な人間の世界に向かうことになる…。


 クラッシュの声を演じているのは、大人気海外ドラマ『24』のジャック・バウアーの吹替で知られる人気ベテラン声優の小山力也。前作からの続投に、小山は「イエ~~イ、今回も最高~、サイコ~~! みんな、波乗り気分で観てくれよなあ~っ!ドキドキわくわく、いっぱいだぜ~っ!」と“クラッシュ語”で喜びを表現している。


 『ファインディング・ニモ』の奇跡の冒険から1年。カクレクマノミのマーリンとニモの親友で、何でもすぐに忘れてしまう、忘れんぼうのドリーがただひとつ忘れなかった“家族の思い出”の秘密の鍵は海の生き物にとっての禁断の場所、人間の世界に隠されていた。ピクサー最高傑作との呼び声が高い本作は7月16日から全国公開。


◎『ファインディング・ドリー』クラッシュ再登場シーン映像
https://youtu.be/E74d_tk-QbE


◎作品情報
『ファインディング・ドリー』
2016年7月16日(土)より全国ロードショー
監督:アンドリュー・スタントン
共同監督:アンガス・マックレーン
製作総指揮:ジョン・ラセター
日本語版声優:木梨憲武(マーリン役)、室井滋(ドリー役)ほか
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい