『おそ松さん』EDとアジカン「Re:Re:」がアニメチャートでトップ激戦! 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『おそ松さん』EDとアジカン「Re:Re:」がアニメチャートでトップ激戦!

Billboard JAPAN
『おそ松さん』EDとアジカン「Re:Re:」がアニメチャートでトップ激戦!

『おそ松さん』EDとアジカン「Re:Re:」がアニメチャートでトップ激戦!

 社会現象化しつつある人気アニメ『おそ松さん』のエンディング曲「SIX SHAME FACES~今夜も最高!!!!!!~」と、同じく今期人気を博す『僕だけがいない街』のオープニング曲であるASIAN KUNG-FU GENERATION「Re:Re:」。この人気2曲が同時リリースされた今週のビルボードアニメチャート。その頂上対決は『おそ松さん』に軍配が上がった。


 「SIX SHAME FACES~今夜も最高!!!!!!~」は『おそ松さん』第1クールの「SIX SAME FACES~今夜は最高!!!!!!~」の続編的作品。メインボーカルはアニメのヒロインである“トト子”のクレジットとなる。同曲はCDセールスで圧倒的なポイント差を獲得。アジカン「Re:Re:」はデジタルセールスで「SIX SHAME FACES~」を破ったものの、このフィジカル・ポイントの差を覆せず2位に終わった。『おそ松さん』関連曲は今週、2クール分のオープニングとエンディング曲が20位以内にチャートインしており、改めてその強さが浮き彫りになっている。


 アジカン「Re:Re:」は前述のデジタルセールス1位に加え、ラジオでも2位、さらにルックアップ2位、Twitter 2位という安定したポイントを獲得。また、上記2曲と同じく3月16日リリースの下野紘「リアル-REAL-」は、CDセールスで「SIX SHAME FACES~」に続く2位、さらにTwitterで圧倒的な首位を獲得しており、コアファンの存在感が目立った。


 『おそ松さん』関連曲、そして秦基博「ひまわりの約束」のような定番ヒットを除き、10週以上のロングヒットとなっているのはflumpool「夜は眠れるかい?」(『亜人』オープニング)のみ。既に大ヒットしている曲を除くと、アニメチャートがどのような状況になっているのか。時折、気にしてみるのも興味深いかも知れない。


◎【JAPAN Hot Animation】トップ10
1位「SIX SHAME FACES~今夜も最高!!!!!!~」トト子 feat.おそ松×カラ松×チョロ松×一松×十四松×トド松(遠藤綾、櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由)
2位「Re:Re:」ASIAN KUNG-FU GENERATION
3位「リアル-REAL-」下野紘
4位「Survivor」BLUE ENCOUNT
5位「FLY HIGH!!」BURNOUT SYNDROMES
6位「全力バタンキュー」A応P
7位「MOMENT RING」μ's
8位「ひまわりの約束」秦基博
9位「空へ」山崎まさよし
10位「夜は眠れるかい?」flumpool


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい