ブリトニー・スピアーズの未発表Ace of Baseカバー音源、裏話をメンバーが語る 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ブリトニー・スピアーズの未発表Ace of Baseカバー音源、裏話をメンバーが語る

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

ブリトニー・スピアーズの未発表Ace of Baseカバー音源、裏話をメンバーが語る

ブリトニー・スピアーズの未発表Ace of Baseカバー音源、裏話をメンバーが語る

 ブリトニー・スピアーズがエイス・オブ・ベイスの名曲「オール・ザット・シー・ウォンツ」のカバーを2007年ぐらいにレコーディングしたものの、同曲は正式にリリースされることはなかった。エイス・オブ・ベイスのウルフ・エクバーグが先日、同トラックにおける裏話をABC Newsにて披露した。


 エクバーグは、「彼らはそれをリリースしたがっていたけど、彼女にとって難しい時期だったんだ。デンマークだけだったんだけど、結局完成することなく、アルバムに入らなかった。素晴らしかったんだけどね。サビはそのまま歌ってヴァースは取り除き、彼女の母親についての新しいパートを書いたんだ。とても強力だったよ」と話している。


 スピアーズとエイス・オブ・ベイスの間は、両者とも初期にレーベル契約をしたMartin Doddがつないだという。それぞれ、エイス・オブ・ベイスはデンマークのメガ・レコードと、スピアーズはジャイヴ・レコードと契約した。


 ブリトニー・スピアーズ版の「オール・ザット・シー・ウォンツ」は、ネット上でも探して聴くことができる。


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい