マックルモア、同性婚合法化の翌日に結婚していた 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

マックルモア、同性婚合法化の翌日に結婚していた

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

 長い沈黙を経てマックルモア&ライアン・ルイスでエド・シーランとの新曲「Growing Up」を発表したマックルモアだが、さらなるビッグニュースが明らかになった。結婚していたのだ。


 マックルモアとトリシア・デイビスは、メディアに知られていないなか6月27日に結婚したとのこと。デイビスのインスタグラムに綴られているコメントによれば、“最高裁判所が同性愛カップルにも認めた(6月26日)”後に結婚をしたようだ。同ニュースは、5月29日に生まれたという娘の頭にマックルモアがキスしている写真とともに掲載された。


 全ての人が結婚できるまで待っていた同シアトル出身ラッパーは、米ビルボード・シングル・チャート“Hot 100”で最高11位をマークしたメアリー・ランバートとのコラボ曲「Same Love」にて、同性愛者の権利を積極的に主張してきた。


 マックルモアとデイビスは2年間の婚約期間を経て結婚に至っている。


◎トリシア・デイビスのインスタグラム・アカウント
https://instagram.com/baba_g/


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい