『うたプリ』シリーズ新曲が久々のアニメチャート1位獲得 Youtube個別では「紅蓮の弓矢」が急浮上 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『うたプリ』シリーズ新曲が久々のアニメチャート1位獲得 Youtube個別では「紅蓮の弓矢」が急浮上

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『うたプリ』シリーズ新曲が久々のアニメチャート1位獲得 Youtube個別では「紅蓮の弓矢」が急浮上

『うたプリ』シリーズ新曲が久々のアニメチャート1位獲得 Youtube個別では「紅蓮の弓矢」が急浮上

 今週のビルボードアニメチャートは5位以内に新曲3曲がランクイン。1位は『うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ』シリーズの新曲、QUARTET NIGHT「エボリューション・イヴ」。リリース毎に圧倒的なセールス力で上位にランクインすることの多い人気シリーズから久々のトップ獲得となった。ポイント別に見てみると、やはり今作もCDのセールス力で他を圧倒。さらにルックアップ、ツイッターでも1位となり高得点を記録した。


 今週惜しくも2位となったのは、7週目のランクインとなったUNISON SQUARE GARDEN「シュガーソングとビターステップ」。エアプレイとデジタル・セールスで1位、ルックアップ、ツイッター、Youtubeで2位と人気曲の貫禄を見せたが、『うたプリ』シリーズのCDセールス力には追いつけなかった。


 続く3位と4位も新曲。3位のあゆみくりかまきによる『パンチライン』エンディング曲「蜜蜜蜜」は、エアプレイとCDセールスで3位となり、バランスよくポイントを積み上げたが、デジタルセールスやルックアップが低調に留まった。4位のジータ(CV.金元寿子)、ルリア(CV.東山奈央)、ヴィーラ(CV.今井麻美)、マリー(CV.長谷川明子) による「キミとボクのミライ」は、2015年4月1日のエイプリルフール限定でゲーム『GRANBLUE FANTASY』内にて配信されていた楽曲の待望のCD化。こちらもファンの支持を受け、高いCDセールス力を見せたが、他のポイントが積み上げられなかった。


 以降、5位以下にはやなぎなぎ「春擬き」や、BUMP OF CHICKEN「Hello,world!」など定番曲も並ぶ。今週は秦基博の「ひまわりの約束」も7位にランクイン、久々の好位置につけた。


 指標別に見てみると、新曲では、エアプレイ2位となった『FAIRY TAIL』エンディング曲、東京女子流「Never ever」と、ツイッター3位の許斐剛「テニプリを支えてくれてありがとう」が健闘。今後、この結果が他指標にどう跳ね返るのかにも注目したい。また、Youtube単独チャートではTVアニメ版『進撃の巨人』のオープニング曲であったLinked Horizon「紅蓮の弓矢」が首位を獲得、いまだに根強い人気を見せつけている。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい