ゆず『クレしん』曲がランクイン3週目にしてアニメチャート首位獲得、エアプレイで圧倒し『コナン』ポルノ、『うたプリ』宮野破る 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ゆず『クレしん』曲がランクイン3週目にしてアニメチャート首位獲得、エアプレイで圧倒し『コナン』ポルノ、『うたプリ』宮野破る

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ゆず『クレしん』曲がランクイン3週目にしてアニメチャート首位獲得、エアプレイで圧倒し『コナン』ポルノ、『うたプリ』宮野破る

ゆず『クレしん』曲がランクイン3週目にしてアニメチャート首位獲得、エアプレイで圧倒し『コナン』ポルノ、『うたプリ』宮野破る

 今週のビルボードアニメチャート、首位を飾ったのはゆず「OLA!!!」。前2週、デジタルセールスとエアプレイでポイントを積み上げ、CD発売前にも関わらず上位に名を連ねていた同曲だが、CD発売週となった今週(発売日は4月15日)、ついに1位を獲得した。セールス2位、デジタル2位、ルックアップ1位とバランスよくポイントを積み上げた上、最大の強みであるエアプレイで他の曲を圧倒した。ゆずがアニメチャートで首位を穫るのは「REASON」「表裏一体」に続き3曲目となる。


 惜しくも僅差の2位のとなったのがポルノグラフィティ「オー!リバル」。1位のゆずに対し、セールス、エアプレイで負ったビハインドをデジタルセールスで大きく追い上げ、首位獲得まであと一歩と迫ったが、ルックアップ、Twitterでの伸びが足りず涙を飲んだ。


 ゆず、ポルノグラフィティはともに映画アニメの主題歌ということで、映画のヒットの行方とともに、今後のチャート・アクションでも楽しませてくれそうだ。


 3位は『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレボリューションズ』のオープニング曲、宮野真守「シャイン」。セールスではゆず&ポルノという強豪を打ち破り見事1位になったが、エアプレイで伸び悩み、結果的には3位に落ち着いた。先週首位となった同アニメのエンディング曲「マジLOVEレボリューションズ」は今週も4位と健闘を見せるなか、同アニメから2週連続の首位とは行かなかった。ただし、こちらもアニメのヒットによっては今後どう推移するか分からない。引き続き注目しよう。


 その他、今週発売の新譜では、*(Asterisk)の「OωOver!!」が5位、柿原徹也「咲いちゃいな」、Jupiter「BRAND NEW FIELD」、DRAMATIC STARS「STARLIGHT CELEBRATE!」、白石蔵ノ介「Empty Sky」がそれぞれ初ランクインを飾っている。


 また、今後発売のものでは水樹奈々、パスピエ、KEYTALKがそれぞれエアプレイとTwitterのポイントを積み上げランクイン。特に、後2者がそれぞれエンディング、オープニングを担当する『境界のRINNE』は作品自体も含めて今後一層の注目が集まりそうだ。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい