KAT-TUN 2015年第1弾シングルが前作超えの実売15万枚でビルボードチャート1位に 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

KAT-TUN 2015年第1弾シングルが前作超えの実売15万枚でビルボードチャート1位に

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

 2月2日付のBillboard JAPAN週間セールスシングルチャート “Hot Singles Sales”にて、KAT-TUNの通算23枚目となるシングル『Dead or Alive』が実売セールス約15万枚で堂々の1位を獲得した。


 前シングルから約8か月ぶりとなった今作は、1月31日より公開となる亀梨和也主演の映画『ジョーカー・ゲーム』主題歌となっており、生と死の頭脳ゲームをドラマチックに彩るキラーチューンだ。発売初週の実売数で前シングル『In Fact』の12万枚を大きく超え、15万枚に近い数字を記録して2015年を好スタートで走り出した形だ。


 なお、チャートでは2位 JYJ『WAKE ME TONIGHT』をはじめ、3位 B1A4『白いキセキ』、4位 Block B『Very Good』とK-POP勢も猛威を振るっており、今冬ウインターバラードの定番とも言えるback numberの『ヒロイン』が5位にチャートインしている。




◎Billboard JAPAN週間セールスシングルチャート “Hot Singles Sales”
(2015年2月2日付)
1位.KAT-TUN『Dead or Alive』
2位.JYJ『WAKE ME TONIGHT』
3位.B1A4『白いキセキ』
4位.Block B『Very Good』
5位.back number『ヒロイン』


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい