ホイットニー・ヒューストンの伝記映画で、レッドワンが映画音楽デビュー 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ホイットニー・ヒューストンの伝記映画で、レッドワンが映画音楽デビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

 プロデューサーでソングライターでもあるレッドワンが、1月17日に全米で公開されるホイットニー・ヒューストンの伝記映画『ホイットニー(Whitney)』にて、映画音楽のプロデュースおよびスコアを初めて手掛けることになった。


 監督を務めたアンジェラ・バセットは声明で、「アイコン的な楽曲からスコアまで、レッドワンのチームは『ホイットニー』における全ての面で完璧な仕事をしてくれました。この物語を説得力のあるものにしようとする私を、彼らは常にサポートしてくれました。そんな彼らの想いと熱意、そして見事な能力が完全に調和したのです。私が本作を仕上げるにあたり、これ以上のチームはありません」と述べている。


 レッドワンのチームには、プロデューサーでソングライターのトラボン・ポッツや、ダン・スンクィスト、マイク・“ワフ”・ウォフォードなどがいる。


 同映画ではホイットニー・ヒューストン役をヤヤ・ダコスタが、ボビー・ブラウン役をアーレン・エスカーペタがそれぞれ演じ、2人の名声と交際期間、そして険しい結婚生活の物語を描く。


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい