ホロコースト演劇資料のアーカイブ開設

2014/10/07 18:18

 ホロコーストに関する演劇資料を集めた初の総合的アーカイブがマイアミ大学に開設され、世界中の研究者や学生がアーサー・ミラーの『割れたガラス』、『アンネの日記』の舞台版、ミュージカル『キャバレー』などに触れることが出来るようになった。

 デジタル版Holocaust Theater Archive(ホロコースト演劇アーカイブ)には550タイトル以上が収蔵されており、今後はあらすじ、国名、キャスト、権利所有者などの詳細を追加予定。作成したのは、スー&レオナルド現代ユダヤ研究センターと、ジョージ・フェルデンクライス・ユダヤ研究プログラム(どちらもマイアミ大学内)と国立ユダヤ演劇財団だ。

 また、所蔵されている作品はゲットー、ナチスの収容所など各題材別カテゴリーだけでなく、タイトルや作家でも分類されている。

あわせて読みたい

  • 手塚治虫の名作の背景に、日本のユダヤ人社会があった
    筆者の顔写真

    Nissim Otmazgin

    手塚治虫の名作の背景に、日本のユダヤ人社会があった

    dot.

    2/1

    第8回 リトアニア 美しい町並と大量虐殺の記憶

    第8回 リトアニア 美しい町並と大量虐殺の記憶

    4/28

  • 105歳“ユダヤ人の私”が語るナチス前夜 「人々がヒトラーを受け入れた」

    105歳“ユダヤ人の私”が語るナチス前夜 「人々がヒトラーを受け入れた」

    週刊朝日

    11/20

    池上彰×佐藤優 「ホロコースト揶揄問題」日本人の甘すぎる認識の衝撃

    池上彰×佐藤優 「ホロコースト揶揄問題」日本人の甘すぎる認識の衝撃

    AERA

    8/13

  • ファシズムの教室 なぜ集団は暴走するのか

    ファシズムの教室 なぜ集団は暴走するのか

    週刊朝日

    7/6

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す