シンガーを亡くしたGWAR、悲劇に負けず恒例イベント開催へ 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

シンガーを亡くしたGWAR、悲劇に負けず恒例イベント開催へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
シンガーを亡くしたGWAR、悲劇に負けず恒例イベント開催へ

シンガーを亡くしたGWAR、悲劇に負けず恒例イベント開催へ

 米メタル・バンド、グワァー(GWAR)のフロントマン、オーデラス・ウランガスことデイヴ・ブロッキーが先日亡くなったものの、同バンドは恒例のイベント【GWAR B-Q】を今年も開催することを発表した。


 バンドのマネージャー、ジム・フラナガンが出した声明には、“ブロッキーも望むだろう”としつつ、悲劇に負けず同イベントを行なうと綴られているそうだ。ローリング・ストーン誌が伝えている。


 【GWAR B-Q】は8月16日にバージニア州リッチモンドのHadad's Lakeにて開催される予定。その前日にはブロッキーのメモリアル・イベントが同会場で開かれる。


 ブロッキーは3月23日に自宅で亡くなっており、バンドメンバーによって発見された。現在は毒物検査報告を待っている最中で、当局は彼の死に事件性はないとみている。


 同イベントのオフィシャル・サイトでは、“ビール、バンド、バーベキュー、スケートボード場、ウォーターパーク、抽選会、賞品付き参加イベント、セレブリティ・ゲスト他”などと謳っている。


 1984年にコスチューム・ヘヴィ・メタル・バンドとして結成され、“血”をイメージした音楽やライブ・パフォーマンスで人気を博しているグワァー。2011年にもギタリスト、コリー・スムートを心臓発作で亡くしている。


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい