「写真甲子園2014」の本戦出場校が決定に 〈アサヒカメラ〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「写真甲子園2014」の本戦出場校が決定に

アサヒカメラ
予選は力作ぞろいだったため、同点による再審査が何度も行われたほど。審査委員長は立木義浩さん(左から2人目)

予選は力作ぞろいだったため、同点による再審査が何度も行われたほど。審査委員長は立木義浩さん(左から2人目)

 全国の高校写真部やサークルが「写真の日本一」を競う第21回全国高校写真選手権大会「写真甲子園2014」。この本戦出場校18校が6月16日に発表された。

■「写真甲子園2014」本戦代表校一覧

<北海道ブロック>
北海道江別高等学校(北海道江別市)<初出場>
北海道名寄産業高等学校(北海道名寄市)<初出場>

<東北ブロック>
宮城県泉館山高等学校(宮城県仙台市)<初出場>
石巻市立女子高等学校(宮城県石巻市)<2年連続3回目>

<関東ブロック>
群馬県立藤岡北高等学校(群馬県藤岡市)<初出場>
埼玉県立芸術総合高等学校(埼玉県所沢市)<初出場>

埼玉県立浦和第一女子高等学校(埼玉県さいたま市)<初出場>
埼玉栄高等学校(埼玉県さいたま市)<3年連続9回目>

<中部・東海ブロック>
中越高等学校(新潟県長岡市)<3年ぶり6回目>
静岡県立伊東高等学校(静岡県伊東市)<6年ぶり2回目>
愛知県立津島東高等学校(愛知県津島市)<4年ぶり2回目>

<E.近畿ブロック>
大阪府立成城高等学校(大阪府大阪市)<3年ぶり3回目>
帝塚山学院高等学校(大阪府大阪市)<初出場>
大阪市立工芸高等学校(大阪府大阪市)<2年連続14回目>

<F.中国ブロック> 
山口県立新南陽高等学校(山口県周南市)<初出場>

<G.四国ブロック>
香川県立坂出高等学校(香川県坂出市)<2年ぶり5回目>

<H.九州・沖縄ブロック>
沖縄県立真和志高等学校(沖縄県那覇市)<5年ぶり10回目>
沖縄県立浦添工業高等学校(沖縄県浦添市)<3年連続4回目>


「写真甲子園」は北海道東川町や北海道新聞社などで構成される「写真甲子園実行委員会」の主催。今年の応募は521校と2年連続で500校を上回った。予選では521校の作品を写真家の立木義浩さんやカメラ雑誌編集長ら11人が作品を審査し、本戦代表校18校を決定。本戦は8月5~8日に北海道東川町を主会場に行われる。また、今年から順位に関係のないオープン参加として、タイと台湾からも1校ずつ参加する予定。海外からの出場は初めてになる。本戦の審査委員は立木義浩さん(審査委員長)、竹田津実さん (写真家、エッセイスト、獣医)、米美知子さん(写真家)ほか。

今年の初出場校は18校中8校で、最多出場は大阪市立工芸高等学校の14回。常連校と初出場校の熱い戦いに注目したい。

関連記事はこちら


トップにもどる

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい