モモちゃん(提供)
モモちゃん(提供)
この記事の写真をすべて見る

 ペットはもはや大事な家族。読者とペットの愛おしい日常のひとコマをお届けします。今回の主役は、のモモちゃんです。

【この記事の写真の続きはこちら】

*  *  *

 モモ(6歳)の実家は宮城県動物愛護センターです。地域冊子の里親募集コーナーに載っていたのがモモでした。5歳・臆病な女の子だと。

 翌月号にもまた載っていました。子猫は引き取り手が多いであろうこと、そして成猫はその逆なことは想像に難くありません。初代猫が旅立って約3カ月、モモをわが家に迎えることを決めました。

 モモは外飼いの末、飼い主に気仙沼の保健所に持ち込まれたそうです。5年にわたる外の生活に加えて飼い主に手放され、人間への不信感もあるだろうし、なれるのに長期戦を覚悟しました。

 食事時には近づいてくれますが、こちらが近づけば離れる、の繰り返し。絶妙な距離はなかなか縮まりません。焦りは禁物とわかっていても、何度も心が折れそうになりました。半年たったころから、たまに自分から近づいてくれるようになりました。撫(な)でればゴロゴロいうのもうれしいです。

モモちゃん(提供)
モモちゃん(提供)

 おもちゃを振り回すと飛びついて遊ぶことも覚えました。おもちゃの気配には敏感で、すぐさま近くに寄ってきます。遊べないとわかるとサッと帰っていきます。変わり身の早さはさすがと感心しています。

 目下の悩みは、先住の2代目猫との相性です。初代と2代目の時も大変でしたが、今回はそれ以上。シャーシャー祭り継続中ですが、いつかは仲良く並んでほしい、そんな写真が撮れますようにと願う日々です。

 万一の脱走に備えて連絡先付き首輪は早々に準備しました。ただ、つけるときに押さえつけて信頼を失うのが怖くて、まだつけられないでいます。

 気仙沼からはるばるやって来たモモ、元気で穏やかに過ごしてほしいと思っています。(仙台市泉区/63歳/主婦)

【原稿募集中!】

「犬ばか猫ばかペットばか」では、みなさまからの原稿をお待ちしております。

原稿は800文字程度で、ペットのお写真(2枚までOK)を添付のうえ、下記メールアドレスまでご送付下さい。

必ず名前、住所、年齢、職業、電話番号のご記入をお願い致します。

尚、掲載は本コーナー(外部配信含む)と「週刊朝日」の誌面となります。謝礼は6千円。

mypet@asahi.com

※著作権は本社に帰属します

週刊朝日  2022年12月9日号

暮らしとモノ班 for promotion
7/12更新:2024年Amazonプライムデー開催間近!いつから開催か、ポイントアップの方法、おすすめの目玉商品などセール情報まとめ