長渕剛さん=オフィスレン提供
長渕剛さん=オフィスレン提供
この記事の写真をすべて見る

「ここ高崎、群馬から。ミャンマーのことをちょっとの瞬間だけでも俺と一緒に祈る気持ちで『乾杯』を歌ってあげようよ」

【動画】長渕剛さんがミャンマーの人々に捧げた『乾杯』は世界中で拡散

 現在、約2年ぶりの有観客ライブツアーを実施中の長渕剛さん。公式youtubeチャンネルに投稿された動画が話題になっている。 

 タイトルは「ミャンマーへ、祈りの気持ちを込めて“乾杯”」。

 12月8日に開催された高崎公演で、長渕さんがミャンマーに向けて「乾杯」を歌う様子が配信されたのだ。長渕さんはそのきっかけについて、このように説明している。

「昨日ちょっとYahoo!のニュース見ててさ、知ってる方もたくさんいらっしゃると思いますけど、今ミャンマー大変じゃんか。ね?」

「で、難民の人たちがね、この歌を歌ってるらしいんだ。『乾杯』をみんなで歌ってるんだとさ。だから、今は配信をいろんなもので、TikTokとかYouTubeというもので繋がってるじゃないか」

 12月7日には筆者がAERAdot.に執筆した記事「日本の『乾杯』を歌い続けるミャンマー避難民のたちの秘めたる思い【現地ルポ】」がYahoo!ニュースのトップで配信された。ミャンマーの避難民が、「乾杯」をビルマ語で弾き語りしている様子を伝えていた。

 この長渕さんの動画に対して、視聴者からは「ミャンマーを想い、平和を祈ります」「ミャンマーの人々にこの歌が届きます様に!」といったコメントが多数寄せられた。

 ミャンマー人とみられる視聴者からは、このような感謝も伝えられた。

「ありがとう~~長渕剛さん いつも聴いてます。私達ミャンマーの人々にとって 今大変な時こそ この曲を聴くと 私達の故郷 ミャンマーに 正義と自由、平日な日が 取り戻せる日迄 明日も頑張ろう いくら ふまれて たたかれても立ち直ろう と思いになる用な最高な曲です」(原文ママ)

 長渕さんの動画をもっと多くのミャンマー人に見てもらおうと、有志がビルマ語訳をつけた動画もSNSで拡散され始めた。

長渕さんの動画にビルマ語訳がつけられ、SNSで拡散された(Facebook:Heisei Hana)
長渕さんの動画にビルマ語訳がつけられ、SNSで拡散された(Facebook:Heisei Hana)
暮らしとモノ班 for promotion
【まとめ買いで最大19%OFF】いつもAmazonで買っている水やドリンクがもっとお得に!「飲料サマーセール」
次のページ
軍事政権の弾圧で国内で戦闘が激化