メイン画像
メイン画像

あす5日(土)からあさって6日(日)は、寒波が襲来して、日本海側では各地で大雪となる恐れがあります。特に北陸を中心に降雪量がかなり多くなる予想で、交通機関に大きな影響が出る可能性があります。また、東海から九州でも積雪になる所がありそうです。

西日本には今季最強クラスの寒気

あす5日(土)からあさって6日(日)にかけては西高東低の冬型の気圧配置が強まり、上空には強烈な寒気が流れ込みます。

地上で雪を降らせる目安の上空1500メートル付近のマイナス6度以下の寒気が、日本付近をすっぽり覆う予想です。更に西日本の一部にはマイナス12度以下の今季最強クラスの寒気が流れ込む見込みです。

日本海側では広い範囲で大雪となり、東海から九州では太平洋側や瀬戸内などでも積雪となる所がありそうです。

新潟県で24時間降雪量1メートル予想も

画像B
画像B

今週末、日本海側では大雪によって交通機関が大きく乱れる恐れがあります。特に新潟県では24時間降雪量が1メートルに達する予想も出ていて、積雪が一気に増える見込みです。車の立ち往生する可能性もあるので、予定の変更なども検討してください。

東海から九州も普段雪の積もらない地域で積雪の恐れがあります。車のスリップ事故や歩行中の転倒など十分な注意が必要です。

<予想降雪量(4日18時~5日18時・多い所)>

・福島県(会津)  :60センチ

・新潟県(山沿い) :70センチ

・岐阜県(山地)  :60センチ

・愛知県(平地)  :5センチ

・滋賀県(北部平地):40センチ

・福岡県、大分県、熊本県(山地):5センチ

<予想降雪量(5日18時~6日18時・多い所)>

・新潟県(山沿い):70~100センチ

・石川県(山地):60~80センチ

・岐阜県(山地):50~70センチ

・愛知県(平地):5~10センチ

大雪や吹雪、低温に伴うリスクに備えて

画像C
画像C

風雪や大雪、低温によって以下のようなリスクがあります。

①停電(倒木や雪の重みで電線が切れることで発生する恐れがあります。)

停電に備えて、懐中電灯や防寒着、毛布などを準備しておくと良いでしょう。

また、電源を確保するため、モバイルバッテリーも用意しておくと安心です。

②水道凍結(最低気温がマイナス4℃以下になる時や真冬日が続いた時に凍結する可能性があります。)

事前に、水道菅の中から、水を抜いておきましょう。また、屋外で、むき出しになっている水道管やメーターは、発砲スチロールなどの保温材を使って、専用テープでしっかりと巻き、保温しておいてください。

③商品の品薄(交通網マヒによる物流遅延により発生する可能性があります。)

事前に食料品は少し多めに買い、暖房用の燃料も少し多めに確保すると安心です。

各地、大雪のピークはあす5日(土)からです。今夜中に準備できることをしておきましょう。