メイン画像
メイン画像
この記事の写真をすべて見る

きょう25日は、近畿や東海で、特に雨雲が発達しやすく、局地的に激しい雨が降るでしょう。非常に激しい雨が降ることもある見込みです。

きょう25日 九州や四国は日中は天気回復へ 近畿や東海で雨雲発達

画像A
画像A

きょう25日、明け方、九州や四国を中心に発達した雨雲がかかっている所があります。東海や関東付近にも一部で雨雲が発達しています。

日中は、九州や四国は天気は回復し、晴れ間が出る見込みです。近畿や東海付近では、雨雲が発達しやすいでしょう。午後を中心に雷を伴った激しい雨が降る見込みです。非常に激しい雨が降ることもあるでしょう。

非常に激しい雨って どんな雨?

画像B
画像B

気象庁では、雨の強さと降り方について、具体的なイメージで分かってもらえるよう、様々な表現をしています。

非常に激しい雨は、1時間雨量が50ミリ以上~80ミリ未満の雨を表しています。これは、滝のように降る雨で、ゴーゴーと降り続くイメージです。また、傘は全く役にたたないレベルで、木造住宅の屋内では、寝ている人の半数くらいが雨に気づくほどです。外では水しぶきで、あたり一面が白っぽくなり、視界が悪くなるため、車の運転は危険です。

なお、1時間に50ミリの雨というのは、雨水が別の場所に流れず、そのまま、たまる状態だと、降った雨が50ミリの高さになるくらいです。1時間に50ミリの雨が、1平方メートルに降ると、50リットルの量になります。例えば、傘を開いた面積がおおむね1平方メートルなので、1時間、傘をさしていると、牛乳パック50本分もの雨が、傘にあたることになるのです。

ただ、実際は、まわりの雨水が集まると、その地点に降った雨の量よりも多く、水がたまることもあります。非常に激しい雨が降ると予想される所では(非常に激しい雨が降った所では)、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水・氾濫に、十分ご注意ください。

きょう25日 各地の天気

きょう25日は、沖縄は大体晴れますが、にわか雨や雷雨があるでしょう。
九州や四国は、朝は雨や雷雨の所があり、激しい雨が降ることがありますが、次第に晴れる見込みです。
中国地方は、山陰を中心に雨が降り、雷が鳴ることがあるでしょう。
近畿や東海は、雨が降る時間があり、午後を中心に雷を伴って激しく降る所がある見込みです。非常に激しく降ることもあるでしょう。
関東は、雲が多く、雨が降る所がある見込みです。
北陸や東北南部は、断続的に雨が降るでしょう。
東北北部は、日が差す所が多いですが、昼頃から雨雲がかかる所がある見込みです。
北海道は、朝晩を中心に雲が多いですが、日中は青空が広がるでしょう。

きょう25日 近畿や東海付近 海からの風がぶつかり雨雲が発達

画像D
画像D

きょう25日は、本州付近は気圧の谷でしょう。
近畿や東海付近では、気温の上昇とともに海から陸に向かって吹く南よりの風と北よりの風がぶつかり雨雲が発達します。

暮らしとモノ班 for promotion
7/12更新:2024年Amazonプライムデー開催間近!いつから開催か、ポイントアップの方法、おすすめの目玉商品などセール情報まとめ