メイン画像
メイン画像
この記事の写真をすべて見る

この先は、冷涼な空気が流れ込みやすいでしょう。暑さは収まり、平均気温は東・西日本で平年並みか低い予想です。雨量は北・東・西日本で平年並みか多いでしょう。沖縄や奄美は梅雨入りとなりそうです。この先1か月の天気と気温の傾向です。

天気の傾向

1週目(5月6日~12日)は、北・東日本では低気圧や前線の影響を受けやすく、平年に比べ晴れる日が少ないでしょう。一方、西日本では晴れる日が多い見込みです。沖縄や奄美は曇りや雨の日が多く、長雨の季節が近づいています。

2週目(5月13日~19日)は、北・東・西日本では高気圧に覆われやすく、平年に比べ晴れる日が多いでしょう。沖縄や奄美では梅雨空となりそうです。

3~4週目(5月20日~6月2日)は、北日本では天気は数日の周期で変わるでしょう。東・西日本は平年同様に晴れる日が多い見込みです。沖縄や奄美はぐずついた天気でしょう。

この先1か月の雨量は、北・東・西日本で平年並みか多くなる予想です。

気温の傾向

画像B
画像B

この先は大陸から冷涼な空気流れ込みやすくなるでしょう。平均気温は、1週目(5月6日~12日)は北日本では平年並みですが、東・西日本は平年並みか低くなりそうです。2週目(5月13日~19日)は、北日本は平年並みか高いものの、東日本は平年並み、西日本・沖縄や奄美は平年より低くなるでしょう。四国や九州南部、奄美・沖縄には「低温に関する早期天候情報」が発表されており、5月10日頃からは平均気温がかなり低くなる可能性があります。体調管理にご注意ください。

3~4週目(5月20日~6月2日)は、全国的に平年並みになりそうです。

北日本:北海道・東北
東日本:北陸・関東甲信・東海
西日本:近畿・中国地方・四国・九州

梅雨入りは?

画像C
画像C

日本気象協会が発表した「梅雨入り予想」によりますと、梅雨前線の北上は平年と同様か早い傾向で、今年の梅雨入りは、沖縄や九州から東北にかけて平年並みか平年より早いでしょう。

沖縄は連休明けには前線が停滞しやすくなるため、5月上旬に梅雨入りする予想です。5月中旬には奄美で、5月下旬には九州南部でも梅雨入りするでしょう。6月に入ると、梅雨入りするエリアが広がり、6月上旬には九州北部や中国、四国、近畿、東海、関東甲信で続々と梅雨入りする予想です。

雨どいや側溝を掃除しておくなど、梅雨時の大雨への備えは、早めに行うと良いでしょう。

暮らしとモノ班 for promotion
【本日最終日】Amazonプライムデー2024「先行セール」開催中! お得になる攻略法やキャンペーン情報、おすすめ商品を一挙紹介