プライベートでもビジネスでも、清涼感のある人は相手に与える印象が良くなると言われています。相手に好感を持たれたいのなら、毎日の服装に十分配慮しましょう。

今回は、清涼感の意味や、清涼感があることで得すること、清涼感を出すために押さえておきたい服装のポイントをまとめました。

清涼感とは

清涼感とは、さっぱりとして爽やかな様子のことです。清涼感を与える人の定義はあいまいですが、主に以下のような共通点が見られます。

■清潔感がある
清涼感のある人は、髪型や服装がきちんとしていて、肌も健康的な状態をキープしています。オーラルケアやボディケアも徹底しているので、口臭や体臭もなく、清潔な印象を与えます。

■笑顔が明るい
笑顔が明るい人は、身にまとう雰囲気も華やいでおり、爽やかなイメージを持たれます。笑顔も口角を上げるだけでなく、白い歯を見せて屈託なく笑うので、まわりの人もつられて笑顔になります。

■スマートな体型
体が引き締まっている人は、全体のシルエットがスマートで、颯爽とした印象を与えます。細身の体型を維持できている人は、日頃から運動をしたり、アクティブに活動したりするケースが多いので、動きも活発で清涼感がよりアップします。

■姿勢が良い
清涼感のある人は姿勢が良く、座っているときも歩いているときも、背筋をすっと伸ばしています。姿勢が良い人は立ち居振る舞いもスマートなので、何気ない所作にも清涼感を感じられます。

清涼感を出すための服装のポイント

清涼感を出すためには、日頃からスキンケアやボディケアに気をつけたり、生活習慣を見直したりする必要がありますが、服装の選び方に気をつけるだけでも爽やかな雰囲気を演出できます。ここでは清涼感を出すための服装のポイントを男女別にご紹介します。

■【メンズのポイント1】服のサイズ感に気をつける
だぼっとしたラフな服装はルーズなイメージが強く、清涼感とはかけ離れた印象を与えてしまいます。服を選ぶときは、なるべくジャストサイズを選び、きれいなシルエットを心がけましょう。

■【メンズのポイント2】ベーシックなアイテムを取り入れる
全身色柄ものでコーディネートすると、ごちゃごちゃしてうるさい印象になり、爽やかさに欠けてしまいます。色柄ものをワンポイントとして取り入れるのはかまいませんが、アウターやトップス、ボトムスのいずれかにはベーシックなアイテムを選びましょう。夏場なら、無地の白Tシャツやカットソー、ブルーのシャツ、黒のパンツなどが定番です。

■【レディースのポイント1】爽やかな素材の服を選ぶ
レース素材やリネンなど、見た目に爽やかな素材の服を選ぶと、清涼感がぐっとアップします。これらの素材は通気性も良く、暑さ対策にもなるので、気温が上がりやすい夏場の服装にぴったりです。

■【レディースのポイント2】動きのある服を取り入れる
風に揺れるフレアスカートや、ふんわりとしたデザインのブラウスなど、動きのある服を着ると、軽やかなイメージになります。薄手の生地なら、風のない日でもほど良い動きが出るので、爽やかさを出したいときにおすすめです。

■【レディースのポイント3】甘くなりすぎないよう注意
フリルやリボンなどのガーリーなアイテムは、女性らしさを強調する一方、過剰になるとゴテゴテしたイメージを与えてしまいがちです。清涼感を出したいときは、ガーリーなアイテムは1つに抑え、ベーシックなアイテムをメインにして洗練された雰囲気にまとめるのがポイントです。

清涼感があることで期待できるメリット

清涼感のある人は、プライベートでもビジネスでも、相手に好印象を持たれやすくなります。初対面のときは互いに性格がわからないので、第一印象が相手を評価する大きな決め手になります。
身だしなみが整っていない人や、清潔感のない人、体型や姿勢がだらしない人は、初対面で相手に不快感を与えてしまうおそれがあります。一度嫌悪感を抱かれてしまうと、悪いイメージを払拭するのは難しく、公私ともに損をしがちです。

一目見て清涼感を感じられる人なら、初対面でも相手に受け入れられやすく、良好な関係を築くことができます。特にビジネスでは、相手と良い関係を築けるかどうかが業績や成績に大きな影響を与えますので、身だしなみや外見には十分注意を払う必要があります。

清涼感のある服装を意識して、夏にふさわしい爽やかなイメージをキープしよう

清涼感のある人は、初対面の相手にも好感を持たれやすく、プライベートでもビジネスでも良好な人間関係を築きやすくなります。特に気温が上がりやすい夏場は、野暮ったい格好をしていると相手から敬遠される可能性が高くなるので、清涼感のある服装を心がけることが大切です。
男性はサイズ感とベーシックなアイテムを取り入れ、スマートにまとめると爽やかな雰囲気を醸し出せます。一方の女性は甘くなりすぎないように注意しつつ、動きのある服やさらっとした素材の服を選ぶのがおすすめです。

天気予報専門メディア「tenki.jp」では、その日の予想気温などから最適な服装を提案する「服装指数」を毎日公開しています。
清涼感のある服装の選び方に迷ったときは、ぜひtenki.jpの服装指数を参考にしてください。