日本気象協会北海道支社より、道内各地の桜の見どころを今日から動画でお届けします!サクラレポートVol.1は、<松前町>城下町に色を添える桜 です。Vol.2は札幌、Vol.3は根室からお届けします。

松前で桜が開花!

みなさんこんにちは。
北海道からお伝えするサクラレポート。Vol.1は、北海道で一番最初に桜が開花する松前町からです。
松前町は日本最北端の城下町で、桜は町の花にも指定されています。撮影初日の4月24日は、冬桜など早咲きの桜は満開でしたが、標本木であるソメイヨシノは4輪のみ開花。その日は1輪足りず開花にはなりませんでしたが、翌日25日の朝には、開花発表され、北海道にも桜前線到達しました。いよいよ北海道にも桜の季節がやってきます。

松前桜まつりが開催

桜の名所・松前公園には、早咲きから遅咲きまで約250品種1万本の桜の木があり、約1か月かけて順番に花を咲かせます。
4月28日(土)から5月13日(日)にかけて「松前さくらまつり」が開催されます。色の濃いものや薄いもの、一重咲や八重咲、そして地元固有の品種など、さまざまな桜の表情と、「武者行列」や「春の松前物産フェア」など日によってさまざまなイベントも楽しめます。また、松前公園から歩いて10分ほどの松前藩屋敷では着物の着付け体験もやっており、武将やお姫様、お殿様に変身して、江戸時代の町並みと桜と記念撮影なども楽しめそうです。
気になる大型連休前半の天気は、晴れ間が出て、お花見日和の日が多くなりそうです。お気に入りの桜を探しに出かけてみてはいかがでしょうか。