メイン画像
この記事の写真をすべて見る

関西では、前半は変わりやすい天気で、2日(日)と3日(月)は晴れても急な雨に注意が必要です。週末にかけては日ごとの気温の変動が大きいでしょう。後半は晴れる日が多く、厳しい暑さが続きそうです。今年初めて真夏日になる所もあるでしょう。

前半 2日(日)と3日(月)は晴れても急な雨に注意 週末まで気温の変動が大きい

明日30日(木)は、台風を取り巻く湿った空気が東から流れ込むでしょう。午前中まで晴れますが、午後は次第に雲が増え、夜は太平洋側を中心に雨が降る見込みです。お帰りが遅くなる方は雨具をお持ちください。また、明日は南風に変わり、日中はぐんと暑くなります。北部や内陸部では、30度前後まで気温の上がる所があるでしょう。朝と日中との気温の差も大きくなりそうです。

明後日31日(金)は、朝まで太平洋側を中心に雨が降るでしょう。その後は雨がやむものの、低気圧が関西の南の海上を通過する影響で、各地とも雲が広がりやすい見込みです。日中は日差しが少なく、暑さは収まるでしょう。

6月1日(土)は、高気圧の圏内で、大体晴れる見込みです。日中はまた暑くなりますので、外でのレジャーは熱中症に注意が必要です。紫外線への対策も忘れずにしておきましょう。

その後は、気圧の谷や東からの湿った空気の影響を受けやすく、毎日どこかしらで雨が降る見込みです。
特に、2日(日)と3日(月)は、上空に寒気が流れ込むため、天気が変わりやすく、あちらこちらで雨の降る可能性もあります。傘のマークがない所でも、急な雨に備えてお出かけには折り畳みの傘があったほうがいいでしょう。屋外でのレジャーは、空模様の変化に注意が必要です。4日(火)は紀伊山地周辺を中心に雨の降る所があり、5日(水)も一部で雨が降るでしょう。

後半 大体晴れて厳しい暑さが続く 今年初めて真夏日の所も

画像B

6日(木)は、東から湿った空気が流れ込み、雲が広がりやすいでしょう。
7日(金)以降は、晴れる日が多くなる見込みです。最低気温、最高気温ともに、日ごとに高くなる傾向で、厳しい暑さが続くでしょう。今年初めて最高気温が30度以上の真夏日となる所もありそうです。熱中症に十分注意をしてください。

本格的な雨の季節はもう少し先

画像C

昨日28日は、5月としては記録的な大雨となりました。
この先、大陸から日本の南の海上へ前線(梅雨前線)が延びますが、本州からは遠く離れたまま、北上してくることはない見込みです。6月中旬以降は、関西でも梅雨前線の影響を受けやすくなり、本格的な雨の季節へ移り変わっていくでしょう。

避難場所や避難経路 確認しておくポイントは?

画像D

いざ、避難する場合に備えて、あらかじめ避難場所や避難経路を確認しておきましょう。その際、ポイントが3つあります。

①市町村が作成しているハザードマップや、地域防災計画を見て「自分の住む地域は、どのような災害のリスクがあるのか」「災害が発生した時の避難場所はどこか」「安全な避難経路はどこか」確認しておきましょう。その際、氾濫の恐れがある河川や、土砂災害の恐れがある所も確認しておくと、避難経路を決める時に役立ちます。また、自宅だけでなく、学校や職場など、よく立ち入る場所はどのような危険があるかも、家族で一緒に確認しておきましょう。

②浸水(冠水)した場合は、避難経路が限られてしまいます。事前に、複数の避難経路を確認しておきましょう。

③夜間は、昼間よりも、周囲の状況を把握しにくくなります。夜間の避難に備えて、建物など目印を決めて、避難経路を覚えておきましょう。

もしもの時に備えて、避難場所への避難経路を実際に歩いて、確認しておくのもいいでしょう。

暮らしとモノ班 for promotion
9000円台から手に入る!大画面で見やすいタブレットのAmazon売れ筋ランキング