メイン画像
この記事の写真をすべて見る

関西では、19日(日)は天気が下り坂で、南部では朝から雨の降りだす所があるでしょう。雨の範囲は次第に広がり、夜はカミナリを伴って雨脚が強まる所もある見込みです。昼間の気温は18日(土)ほど上がらず、大幅に低くなる所が多いでしょう。寒暖差が大きくなるため、体調管理に十分ご注意ください。

18日(土) 内陸部5か所で真夏日 大阪も真夏日の一歩手前

画像A

18日(土)は強い日差しの後押しを受けて、朝から各地で気温が大きく上昇しました。

近畿で最も気温が上がったのは京都府福知山市で31.1℃、次いで兵庫県朝来市和田山で30.7℃、京都府京都市で30.3℃、京都府京田辺市で30.1℃、京都府南丹市園部で30.0℃と、5か所で真夏日となりました。

そのほか、近畿地方で気温を測るアメダス64地点のうち、半数の地点で今シーズンに入って最も高い気温を観測しました。大阪府大阪市でも29.0℃まで気温が上がり、真夏日一歩手前の暑さとなっています。

ただ、19日(日)は雨の影響で、日中はあまり気温が上がらない見込みです。

19日(日) 夜は雨脚強まる所も 昼間の気温は大幅に下降

画像B

19日(日)は雲に覆われ、南部では朝から雨の降りだす所があるでしょう。雨の範囲は次第に北へ広がり、夜には近畿全般に雨が降る見込みです。局地的にカミナリを伴って、雨脚が強まる恐れがあります。お出かけを予定されている方も多いかと思いますが、夜は落雷や突風、急な強い雨にご注意ください。

また、雨の影響で昼間は気温が上がりにくく、18日(土)より大幅に低い所が多いでしょう。日々の寒暖差が大きいため、体調管理に十分ご注意ください。

暮らしとモノ班 for promotion
Amazonの「Fashion ✕ 夏先取りタイムセール祭り」で夏のファッションや暑さ対策小物を準備しよう!