メイン画像

明日16日(木)は、上空に寒気を伴った低気圧(寒冷渦)の影響で、西日本~東日本では大気の状態が不安定。落雷や竜巻などの突風、降ひょう、急な激しい雨に注意。過去には寒冷渦の影響で最強クラスの竜巻やゴルフボール大のひょうが降り大きな被害が出たことも。落雷や竜巻、降ひょうから身を守るには?

16日~17日 寒冷渦の影響 大気の状態が非常に不安定

画像A

明日16日(木)は、上空に寒気を伴った低気圧(寒冷渦)が日本海を東北東へ進み、17日(金)には北日本付近へ進む見込みです。

日本の上空約5500メートルにはマイナス21℃以下と、平年より5℃~6℃くらい低く(3月下旬~4月中旬)、この時期としては強い寒気が流れ込む見込みです。また、低気圧に向かって湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となる見込みです。

16日(木)は西日本~東日本、17日(金)は北日本を中心に天気の急変に注意が必要です。

いつ・どこで注意?

画像B

明日16日(木)は、西日本~東日本の日本海側を中心に、急な雨や落雷、竜巻などの突風、降ひょうに注意が必要です。エリアとしては、中国地方、近畿、東海、北陸は朝から注意が必要です。雨がずっと降り続くのではなく、晴れたり、局地的にざっと降り方が強まったり、変わりやすい天気です。関東は前線や湿った空気の影響で朝まで南部を中心に雨が降りますが、日中は晴れる見込みです。晴れて、地上の気温が上がるため、上空との気温差が大きくなり、大気の状態も次第に不安定になります。午後は関東北部を中心に天気の急変に注意が必要。夜は東北や北海道にも雨雲がかかる見込みです。

17日(金)は、北海道や東北を中心に雨や雷雨となるでしょう。

寒冷渦による被害 竜巻やゴルフボール大の降ひょう

画像C

この時期は、気温25℃以上の夏日日数が急激に増える一方、一時的に上空に寒気が入ると大気の状態が非常に不安定になり雷雲が発達しやすくなります。

寒冷渦の影響で、たびたび落雷や竜巻、突風の被害が発生しています。

2021年5月1日は、寒気を伴った低気圧の影響で、九州~東北のあちらこちらで雷雲が発達。静岡県菊川市から牧之原市にかけて突風が発生、住家の屋根の損壊などの被害がありました。

また、2012年5月6日のゴールデンウィーク最終日には、栃木県から茨城県にかけて竜巻が発生。茨城県常総市では後の調査でF3スケールとされ日本で起こる竜巻としては最強クラスに。水戸では直径28ミリ、盛岡で直径5ミリのヒョウを観測するなど各地で被害が出ました。

天気急変のサインと対策

画像D

天気急変のサインは3つあります。
①「真っ黒な雲が近づいてきた」
②「雷の音が聞こえてきた」
③「急に冷たい風が吹いてきた」
このような前兆を感じたら、すぐに安全な所へ避難してください。また、雷注意報が発表されている時や、天気予報で「大気の状態が不安定」、「天気が急変」という言葉を聞いた時には、ゲリラ豪雨の可能性がありますので、ご注意ください。

【竜巻から身を守るには】
屋外にいる時に、竜巻が接近してきたら、なるべく頑丈な建物の中に避難してください。体を小さくするなど、できるだけ低い姿勢で頭と首を守りましょう。どうしても避難できない場合は、無理をしないで、物陰や、水路などのくぼみに、身を伏せましょう。

【落雷から身を守るには】
野外などで、避難できる場所が近くにない場合は、しゃがみ込んで、耳をふさぐ姿勢を取りましょう。靴のかかとを接触させ、つま先立ちで姿勢を保つようにしてください。落雷時に地面からの電流で感電することがあります。地面に寝ころばない(特に腹ばい)ようにしてください。

【降ひょうから身を守るには】
一刻も早く近くにある建物の中や屋根のある場所に避難しましょう。 大粒のひょうは傘を突き破る危険性があります。 周りに建物がない場合は鞄や衣服などで頭と顔を守りましょう。