韓国人より外国人の方が多く、日本人はまだ少ない「平沢国際市場」の通り

 先週に多く読まれた記事の「見逃し配信」です。ぜひ御覧ください。(この記事は、「AERA dot.」で2024年5月5日に配信した内容の再配信です。肩書や情報などは当時のまま)

【写真】ニューヨークっぽい!日本人はまだ少ない韓国の穴場スポットはこちら(全24枚)

*  *  *

 韓国で今、穴場の観光スポットと言われている場所がある。外国人が多く、異国情緒あふれる街だという。一昨年の雑踏事故の影響でソウル・梨泰院(イテウォン)からにぎわいが消えた今、新たな人気観光地として注目されている。

「平沢(ピョンテク)に第2の梨泰院(イテウォン)がつくられはじめている」

 という噂を耳にした。

梨泰院がにぎわったのは米軍基地の影響

 ソウルから南に約70キロ、地下鉄で約1時間40分ほどの場所にある京畿(キョンギ)道の平沢市のことだ。それまで梨泰院にあった米軍基地が平沢への移転を2017年から始め、徐々に米軍関係者とその家族も平沢へ移っていき、22年に移転が完了すると、街中にかつての梨泰院のような雰囲気ができつつあるというのだ。

 もともと梨泰院に多くのソウルっ子や観光客が集まってにぎわうようになったのは、近くにあった米軍基地の影響が大きい。街には軍関係者向けの店や、外国人やアメリカ系の料理店などが多かった。彼らの好み、サイズに合った衣類、生活用品、ひいては両替所などが並び、そんな需要をベースに梨泰院は増殖した。ソウルで最も外国人が多く異国情緒あふれる街、ハロウィーンといえば梨泰院、という風潮もそのなかでつくられていった。

 それが22年10月のハロウィーンの夜に起きた雑踏事故で一変した。金曜の午後から日曜の朝にかけ、ものすごい数の人でにぎわっていた街の活気は消え、それに引きずられるように観光客の足も遠ざかった。ドラマ「梨泰院クラス」に熱中した日本人も敬遠気味だという。

次のページ
あまり期待しすぎると「しょぼい」と感じるかも……