メイン画像

静岡県を中心に雨脚の強い状態が続いています。雨のピークは今日13日昼過ぎまでで、激しい雨や非常に激しい雨の降る所があるでしょう。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に、引き続き注意・警戒してください。

静岡県では多くの地点で100ミリ以上の大雨

今日13日は、静岡県を中心に雨脚の強い状態が続いています。未明から明け方は、静岡県に非常に活発な雨雲がかかり、1時間に20ミリ以上の強い雨や30ミリ以上の激しい雨を観測した所がありました。
11時現在も、静岡県では1時間に10ミリ以上のやや強い雨を、断続的に観測している所があります。24時間降水量(11時まで)は天城山で178.0ミリ、市街地でも雨量が多くなっていて、静岡市でも119.5ミリを観測しています。

雨のピークは昼過ぎまで

画像B

前線が、今夜にかけて東海地方を通過する見込みです。雨のピークは今日13日昼過ぎにかけてで、もうしばらく雷を伴った激しい雨や非常に激しい雨の降る所があるでしょう。沿岸部では10メートル以上のやや強い風を観測し、風も強まっています。静岡県では時折り横殴りの雨となっているため、この後も大きめの傘やレインコートを活用するなどして、雨の降り方に注意してください。

名古屋市内では夕方には雨はやむ見込みです。静岡県では日中いっぱい雨の所が多く、夜になってからやむでしょう。

この後予想される雨量は?

画像C

今日13日正午から今夜にかけて予想される雨量は、静岡県の伊豆など多い所で、更に30ミリ~50ミリ程度降るでしょう。総雨量が200ミリを超える所もありそうです。この後も土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に注意・警戒が必要です。また、雨がやんだ後も、しばらくは危険な場所には近づかないようにしてください。

週間天気 しばらく晴天が続くが16日(木)頃は天気急変に注意

画像D

明日14日は日差しが戻るものの、湿った空気が入る影響で雲が多いでしょう。16日(木)にかけて、日差しはあるものの雲が目立つ空で、スッキリとした晴天にはならない見込みです。特に、16日(木)頃は上空の寒気の影響などもあり、天気が急変し雨や雷雨の可能性があります。
17日(金)になると寒気が東へ抜けるため、18日(土)にかけて、安定した晴れの天気となる所が多そうです。19日(日)は天気は下り坂で雲が多くなり、20日(月)は再び広い範囲で雨となる見込みです。

明日14日以降、最高気温は25℃以上の夏日が続く所がほとんどで、汗ばむ陽気が戻るでしょう。今日13日との寒暖差も大きいため、体調管理に十分気をつけてください。