メイン画像

次の週末から広く季節外れの暑さになるでしょう。関東の内陸など、最高気温が30℃以上の真夏日になる所がある見込みです。暖かい空気は、南から流れ込むとは限りません。次の週末からの暑さをもたらす暖気は、中国奥地や華北付近から流れ込んできます。夏のような蒸し暑さとは違い、カラッとした暑さでしょう。

カザフスタンのZHARKENT 今年初めて34℃台を観測

画像A

上の図をみると、10日、上空1500メートル付近で15℃以上の暖気が、カザフスタンやロシアの西部付近に流れ込んでいます。
カザフスタンのZHARKENTでは、最高気温が、9日は34.1℃、10日は34.4℃と、今年初めて34℃台を観測しました。

暖気の流入エリアは東へ移り中国奥地や華北に 次の週末は北京など猛暑

暖気が流入するエリアは、次第に東へ移り、中国奥地や華北付近に流れ込むようになるでしょう。北京では、次の週末、最高気温は33℃から35℃くらいの日が続く見込みです。

次の週末 暖気は日本にも 関東の内陸など30℃以上に カラッとした暑さ

画像C

中国奥地や華北付近の暖気の一部が、次の週末、日本付近にも流れ込んできます。上空1500メートル付近で15℃以上の暖気が、北海道から関東付近に流れ込むでしょう。晴れると日中の気温が30℃くらいになる暖気です。
次の週末は広く日差しが届き、季節先取りの暑さになるでしょう。特に東北や北陸、関東の内陸では、最高気温が30℃以上の真夏日になる所がある見込みです。

今回、暖気の流れ込みが海からではないため、夏のような蒸し暑さとは違い、カラッとした暑さになりそうです。日差しを避けると、幾分しのぎやすいでしょう。

季節外れの暑さ 次の週末から少なくとも1週間程度続く

日本のはるか東で高気圧の勢力が強まっており、次の週末以降も勢力が強い状態がしばらく続く見込みです。
暖気の流れ込みのきっかけは中国奥地や華北付近からですが、その後は南からも暖かい空気が流れ込みやすいでしょう。広く雨が降る日もある見込みです。雨の日でも、最高気温は東京都心で25℃以上など、日中も薄着で過ごせるくらいでしょう。季節外れの暑さは、次の週末から少なくとも1週間程度は続く予想です。

体がまだ暑さに慣れていない時期です。こまめに水分補給を行うなど、熱中症対策をとってください。