メイン画像

13日(月)は、寒冷前線が北陸地方を通過するでしょう。前線に向かって南から暖かく湿った空気が入るため、大気の状態が不安定となるでしょう。福井県と石川県では警報級の大雨となるおそれがあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川や用水路の増水などに注意・警戒して下さい。

12日(日)は天気下り坂 南寄りの風が強まる

画像A

12日(日)は、きょう11日(土)まで晴天をもたらした高気圧が東の海上へ遠ざかり、日本海を寒冷前線が南下するでしょう。北陸地方は天気は下り坂へ向かい、午後には福井県や石川県など、西から雨が降り始めるでしょう。夜遅くには福井県で雨脚の強まる所もありそうです。

また、前線に向かって南寄りの風が強まるでしょう。福井県から富山県にかけての南北に流れる川筋の地域では局地的に風が強まり、平均風速で10メートル以上、最大瞬間風速は20メートルに達する所がある見込みです。車の運転は、ハンドルを取られやすくなるので十分に注意して下さい。

13日(月)は午前中を中心に短時間に強い雨に注意 福井県・石川県は警報級の大雨のおそれも

画像B

13日(月)は、寒冷前線が北陸地方を通過するでしょう。前線に向かって南から暖かく湿った空気が入るため、大気の状態が不安定で、発達した雨雲が発生しやすくなるでしょう。特に南からの湿った空気の影響を強く受ける福井県や石川県では警報級の大雨となるおそれがあります。

強い雨は、福井県から富山県にかけては朝まで、新潟県では朝から昼前にかけてがピークとなり、1時間に20ミリ前後の強い雨が降るでしょう。局地的には1時間に30ミリ前後の激しい雨の降るおそれもあります。土砂災害や低い土地の浸水・河川や用水路の増水や氾濫に注意・警戒して下さい。

車通勤の方は、アンダーパスなどは冠水しやすくなるため、迂回ルートを検討して下さい。また、冠水が発生すると、周辺道路で迂回車などによる渋滞が発生しやすくなります。また、鉄道やバスなどの交通機関の乱れが発生するおそれもありますので、13日(月)の通勤・通学はいつもより時間に余裕をもってお出かけすることをお勧めします。

※令和6年能登半島地震で揺れの大きかった地域では、大雨警報・注意報の土壌雨量指数基準を通常より引き下げた暫定基準で運用しています。